2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2012.09.26 (Wed)

シリアルNo.016 ヒノキウクレレ 側板の組み立て

雑話が2話ほど続きましたが、本来の製作記に戻ります(笑)

で、ヒノキウクレレの続きです。

えっと、前回は・・・(と、ここで自分のblogの記事を読み直す)・・・ブロックを整形したとこまででしたね。

更新の間が開きすぎるから忘れる訳で・・・前置きが長すぎますね(苦笑)

今回は更新をさぼった罪滅ぼしに、普段の倍のボリュームでお届けします。。

20120923-1.jpg

これは以前upした写真で、切り出した材料です。

この側板材を一晩水に浸しておきます。

お湯で煮るとすぐに曲げられる状態になるようですが(メーカーの工場見学とかの動画に出てきますので、興味おありの方はyoutube等で検索してみてください)、そこまで急ぐ必要も無いので、風呂桶に一晩浸けるスタイルを採用しております。

ちなみにお風呂場はヒノキの香りになりますので、ヒノキの香りが苦手な方はプランター等をご利用下さい。

20120923-2.jpg

十分水分を含めば、鉄管(足場用の安価なもの)をカセットコンロで熱して、曲げていきます。

ちなみに殆どの方はベンディングアイロンを使われてます。

温度調整もできますし、そちらの方が絶対便利だと思うのですが、ついつい買うのが面倒で(^^;

長いこと同じ鉄管を使っていると、鉄管に木ヤニとか焦げとかがついてきて、白木を曲げると色がついたりしますので、そのうち買い換えないと・・・とは思ってるんですけど、もう何年も同じ鉄管を使っています(苦笑)

蛇足ですが、撮影の都合上、写真では片手で曲げてますが(もう片方の手はデジカメに)、実際には両手を使って曲げます。

個人的に気をつけているのは、表板側の直線に対して垂直に曲げることかなあ。

20120923-3.jpg

今回はエンド部の飾りを入れませんので、エンドの合わせ部分は表板側の直線に垂直に真っ直ぐ切ります。

あて木をして、ノコギリの刃を真っ直ぐ垂直に入れます。

切断してからヤスリで仕上げる方法もあるんですけど、ノコで直線を出すのが一番楽なので、ここでがんばっておきます(笑)

20120923-4.jpg

エンド部、ヒール部の余分な部分を切り落として、モールドにぴったり収まれば、

20120923-5.jpg

エンドブロックを接着。

20120923-6.jpg

更にヒールブロックを接着します。

ヒールブロックはダボ穴を開けてありますので、センターがずれたりしないよう、しっかり位置合わせして接着します。

接着時にあふれた接着剤は、乾く前に濡らした筆などでしっかり取っておきます。接着後にブロック周りに刃物を入れるのは結構面倒なので、固まる前に除去しておくのがお勧めです。

20120923-7.jpg

こんな感じに接着終了(^^)

側板とブロックが接着できれば、ライニング(カーフィング)を貼っていきます。

ギター製作時は、側板に貼ってから面取りをすることが多いのですが、2日間で作るウクレレ教室を想定すると、面取りした材料を渡すほうがベターだと思いますので(時間の都合上)、

20120923-8.jpg

カンナを使って曲げる前に面取りをしました。

20120923-9.jpg

面取りできれば、側板同様じっかり水に浸して、熱した鉄管で曲げていきます。

20120923-10.jpg

材が曲がれば、ぴったり収まるように切断します。

こんな感じに4本できあがり。

20120923-11.jpg

ここで、片側は、ライニング接着方法Aで(笑)

私がいつもする方法で、モールドの形を利用してクランプで締めていきます。

20120923-12.jpg

写真はあふれた接着剤を筆で掃除しているところです。

ただ、この方法を使うとクランプの数がある程度必要になりますので、教室には複数人対象にした教室には不向きかも。。

fc2blog_20120723095259804.jpg

ということで、もう片側は、ライニング接着方法Bで(笑×2)

ダブルクリップを使って締めていきます。作業をしているのは、私ではなく楽器のお店「ラモシオン」の楽守くん。

改良の余地はありますが、こちらの方が教室にはよさそうです。

20120923-14.jpg

こんな感じに出来上がりました(^^)v
EDIT  |  09:00  |  No.016 ヒノキウクレレ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

*Comment

■輝 様

コメントいただきなから、誤ってコメントを消してしまいました。申し訳ありませんm(__)m

いつもお世話になりありがとうございます。

ぜひ輝さんに弾いていただき、ご意見いただければと思っています。

できれば優しい視線で(笑)
matsu |  2012.09.27(木) 10:17 |  URL |  【コメント編集】

■いえいえ

明日朝一番の新幹線で行きます。

よろしくお願いいたします。

Guo Yulongのアコースティックギター(ダブルトップ)担いで行きます。
輝 |  2012.09.28(金) 09:28 |  URL |  【コメント編集】

■輝 様

楽しみにしております(^^)

よろしくお願いします。
matsu |  2012.09.28(金) 10:08 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |