2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2011.09.16 (Fri)

ギター製作教室の期間調査2

昨日の続き・・・っていうか、いろいろ検索した結果。専門学校とかじゃなく、社会人が趣味で製作する範囲の教室っぽいのをピックアップしました。

なお、内容は2011年9月14日現在でネットで確認したものです。詳細は必ずご自分で直接お問い合わせを。リンク先等においてトラブルが発生した場合の責任等は一切負えません。

こんなこと書かないといけない時代って・・・ちょっと悲しい(;_;)

では気分を変えて、一気に羅列(^^)


茶位幸信バイオリン・ギター工房さん

入会金 20,000-
レッスン料 6,000-/2h
材料費 70,000-。

コメントは昨日書いたので省略。

Wade Instrumentsさん「趣味のギター製作教室」

入会金 不要
授業料 20,000-/2h×4回
材料費 別途

期間とかは個人差があるみたいですけど、「当教室は趣味を目的としていますので、プロ志向の方が参加されてもその(プロとしての)技術・知識の修得はできないものとお考え下さい。」っていう姿勢が好きです。

工房 Woodyblues「アコースティックギター総合コース」

製作費用総額 400,000- ( 指導料、道具使用料、材料代、工房使用料含む)
期間 3ヶ月程度(時間、頻度等不明)

ギター製作のホームページの大先輩、Woodybluesさん。「独学のため数々の失敗から学んだ貴重な「製作のコツ」をお伝え致します。」・・・これってアマチュア製作者にとっては結構重要かも。

「カンナ使ったら、簡単に完璧な平面が出るはずなのに・・・何故できないの?」って言われても(-_-;)。「できたらプロになってますって」と7年間に何度心の中でつぶやいたことか。。

トーンウッドギター工房さん「趣味のギター製作教室」

アコースティックギター製作コース
費用 204,500-を192,500-で受付中(2011年9月14日現在)
材料費込みっぽいけど、詳細不明
製作期間 6ヶ月~8ヶ月くらい

教室の風景とかが、blogにupされているので、ご興味おありの方は、ご参考に。趣味の教室としては、製作期間はこのぐらいが適当なのかな?

ギター工房 SHOJIさん「ギター製作教室」

入会金 10,000-
授業料 5,000-/1回(材料を教室で購入の場合)
材料費105,400-?(標準材料費から積算)

クラシックギターの製作教室。期間はわかりませんが、標準材料を見ると、表板、裏板接ぎ合わせ済み、ネックはヘッドプレートまで貼ってあるので比較的早くできるのかな?

ちなみに私の通っていた工房では、ネック材として渡されたのは、板1枚。それを斜めに切断して、への字に貼りあわせるところからしました・・・まあ、いま役に立ってるからいいんですけど、そんなところからしてるから完成まで7年も(-_-;)

tamaniwaワークショップ「クラシックギター製作塾」

2週間コースの場合
製作費 180,000-(材料、助言料、工房使用料、雑費などの総計)
滞在費 70,000-(14日間の食事を含む)

「滞在型のギター製作教室」っていうのは面白いですね。うちの工房は物置同然なので、とても企画できないですけど(苦笑)

今は削除されてるみたいですけど、「マシュマシュギターズ」の木村匡志さん(ちなみに現在、ギターを製作されているかどうかも不明)が、カナダで製作修行されてた様子をupされていたホームページをふと思い出したりしました。

ちなみに木村匡志さんはこんな方


おまけで、ホームページだけでは内容とかよくわからなかった教室も羅列。


アコースティックワールド「アコースティックギター制作教室」

基本セット代金 200,000- 指導及び工房使用料 5,000-/2h 教程 10~15教程程度(期間は不明)

長崎ギター工房さん「製作教室」

授業料 6,000-/2h 材料費 85,000-から(半完成クラシックギターキット)

ハラタケ工房「ギター・ウクレレ製作教室」

ギター 98,000-から(材料費・指導・工具使用料込み)


外にもいろいろあると思うんですけど、簡単に見つけられた範囲ということで。

最後に、ギター製作教室について、私自身の経験から。

私の通っていた教室の場合、楽器製作教室に通いだして、実際に完成させる方は、半数以下だった気がします。

まあ、2年以上かかるのが当たり前の教室だったので、仕事や家庭の事情で通えなくなるケースもあるんですけど、先生と衝突して、突然来なくなるって方も結構多かったように思います。

弟子入りとかの場合は、先生の技術最優先で選べばいいと思いますが、趣味の教室の場合、先生との相性が技量以上に重要な気がします。

あと、個人的には、SUGITA KENJI Acoustic Guitarsさんの、こういう感じの教室が通える範囲であると嬉しいかな(^^)


P.S.

製作と直接関係ないことばっかり書いてますけど、ちゃんと製作の方も進めてます(^_~;)

現在、ドレッドノートに専念して製作中で、ようやくバインディングを1本巻いたところ。

バインディングを巻くのは1回に1本しか巻けないので、時間がかかるんですよねえ。。
EDIT  |  00:00  |  最近の出来事  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

*Comment

■まあこのところギターが売れないので……

ギター製作でも教えるか~

的教室多いですよね

モーリスなんかもはじめてます

アメリカでもアメリカンアーチトップ(デイル・アンガー主催、マーティンのアーチトップ製作並びにマーティンの下請けもしてます)が1週間で出来るギター教室などやってます

他も多いですよ
輝 |  2011.09.17(土) 14:37 |  URL |  【コメント編集】

■通えるものなら・・・

製作スクール一度行ってみたいです今更;
杉田先生のところに行けるものなら行ってみたいです・・・
私も色々と物色していた頃がありますが、
私の近場には無いようです。
ピックギターのチャキさんは車で5分ほどの所に工房がありますが
スクールなどはありませんしフラットトップも取り扱いなし。
仕事しながらはなかなか難しいですね~
kazu |  2011.09.17(土) 17:48 |  URL |  【コメント編集】

■輝 様

調べてみて、結構多いことに私もびっくりしました(*_*)

私も1年ほど、ボランティアで製作教室の先生のピンチヒッターをしていたんですけど・・・結構、大変ですよね、人に教えるって。

手取り足取りやってあげたら、製作教室になんないし、かといって放置しておいて取り返しのつかない失敗させちゃったら元も子もないし・・・適度に観察しながら放置っていう程度がすごく難しい。

そう考えると、教室の先生に、一番必要なのは・・・致命的な失敗してもリカバーしてあげられる腕かな(^_^:;)
matsu |  2011.09.18(日) 01:15 |  URL |  【コメント編集】

■kazu 様

杉田さんの教室、魅力的ですよねえ・・・とくに杉田さんのファンのkazuにとっては、夢のような企画かも!?

「 一生モノのアコギを探す」に載ってるギターでしたっけ、kazuさんの持ってるスギ・クラフトは?

私も一応、先生にはついたんですけど、「やっぱりひとつの方法だけじゃなくって、もっと全然違うアプローチをしている方の指導を受けてみたいなあ」とは常に思っています。

そうそう、kazuさん、そんなに遠くに住んでる訳じゃないんですから、お時間があるときに、一度こちらの工房に遊びに来てください。

久しぶりに、ギターのお話でもしましょ(^^)
matsu |  2011.09.18(日) 01:25 |  URL |  【コメント編集】

■ありがとうございます!

ぜひ一度お邪魔させて頂きます。
作ったギター持って行けたらよかったなぁ~。
ただ休日が水曜日なんですよねぇ~。
調整してなんとしてでもお伺いしたいと思います!
材料の仕入れの事とか、いろいろ教えて頂きたいこともありますし。
なによりMatsuさんのギターを弾いてみたいです。
そのときはよろしくお願いします!
kazu |  2011.09.18(日) 18:59 |  URL |  【コメント編集】

■kazu 様

事前に日程がわかれば、水曜日でも休暇調整可能かもです。

久しぶりにいろんな話したいですね(^^)

是非よろしくです。。
matsu |  2011.09.18(日) 19:24 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |