2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2008.07.14 (Mon)

ネックの加工④

 整形後、適度な大きさに切り出して、接着します。

neck09.jpg


 今回は瞬間接着剤で貼り付けました。

neck10.jpg


 接着できたら、小刀で整形します。

neck11.jpg


 プロのようにわからなくするほどの技が無いので、この程度で妥協しました。
EDIT  |  01:35  |  No.002 セミアコ風エレアコ  |  CM(0)  |  Top↑

2008.07.10 (Thu)

ネックの加工③

 では、埋め木にはいります。

neck06.jpg


 比較的色の似たメイプルを用意します。

neck07.jpg


 まず、ネック側の加工。欠け部分に接着できるよう、欠け口の形を整えます。本当は、木目に沿って切り込みを入れるほうがわかりにくくできるのですが、私の技術では傷口が悪化するだけと判断して、最小限の加工にとどめました。ノミで垂直に切り込みます。

neck08.jpg


 次にメイプル板の方を切り口にあわせて整形します。使用した工具はこちらもノミ・・・ですが今回は作業中の写真を撮るのをすべて忘れました(^^ゞ。

 整形できれば、接着にはいります。。  
EDIT  |  23:19  |  No.002 セミアコ風エレアコ  |  CM(0)  |  Top↑

2008.07.07 (Mon)

ネックの加工②

 何箇所か修正が必要ですが、写真は1箇所だけで・・・。

neck03.jpg


 欠けた場所だけ削ったら、全体のバランスが崩れますので、全体のラインを意識しながら小刀を入れていきます。写真はネック側からナイフを入れていますが1方向からだけでは、全体のバランスが大きく崩れますので、ネックの付け根側、ヘッドの側面、ヘッドの厚みと3方向から少しづつ盗んでいきます。
 例えば、付け根側からだけなら3mm修正が必要な場合、付け根側から1mm、ヘッド側面から1mm、厚みで1mm削れば1箇所を削って修正するよりずっと少ないバランスの崩れで済みます。また写真は省略していますが、欠けの無い逆側も同じように削ります。そうしないと全体のバランスが崩れますので。。

neck05.jpg


 整形できたら、半円の金工用やすりで面を整え、最終的にはサンドペーパーで仕上げます。

neck04.jpg


 かなり欠けは小さくなりましたが、まだ残っています。しかし、これ以上削ると修復不能なくらいバランスが崩れそうです。次は・・・埋め木することにします。
EDIT  |  00:01  |  No.002 セミアコ風エレアコ  |  CM(0)  |  Top↑

2008.07.02 (Wed)

ネックの加工

 ちょっと別の御用時にかまけてまた日があいてしまいました。
 ここ1週間ほどかけて、家においてあった材料を倉庫にほとんど移動させたもので・・・。

neck01.jpg


 ではとりあえず材料の紹介です。今回使用するネックは、メイプルで、ロッド入り、ほぼ整形済みのものです。ヘッドはギブソン型、ネックジョイントは溝を切ってはめる感じです。

neck02.jpg


 ただ、いつものように(!?)ファクトリーアウトレットなので、欠けが見受けられます。さすがにこのまま組むわけにもいかないので、修正をかけます。
EDIT  |  23:36  |  No.002 セミアコ風エレアコ  |  CM(0)  |  Top↑

2008.06.19 (Thu)

ボディの組立⑨

 またデジカメを忘れて、携帯で撮影です。

 ようやくバインディングを4本貼り終えましたので、側板の接着剤を掃除します。

body27.jpg


 先を丸めに整形したスクレイパーで、接着剤と汚れを削り取ります。

body28.jpg


 接着剤と汚れがとれたら、サンドペーパーとあて木を使い、面をきれいにします。通常の場所は、四角いブロック材をくびれ部分は円柱の木棒をあて木にしました。

body29.jpg


 ネック接合部の平面も出しておきます。写真は鉋ですが、実際にはのみも使って平面をだしています。
EDIT  |  22:34  |  No.002 セミアコ風エレアコ  |  CM(0)  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT