2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2013.08.12 (Mon)

大掃除の成果

シリアルNo.018(古材ギター)&シリアルNo.020の製作が佳境に入ってきています。



写真はNo.018ですが、ようやく弦の仮張りを終えて、これからナット・サドル製作、弦高調整などの調整にはいっていきます。

音ですか?

スッキリ系でいい音してますよ・・・自画自賛ですが(笑)

製作記を整理する時間の余裕がちょっとないので、本日の記事は全く違う話です。



先日、お盆前の大掃除をいたしまして・・・物入れの中から昔買ったLPとかがでてきました。

レコードコレクターの方から見ると、すごく少ない量だと思うのですけど、当時ティーンだった私のお小遣いでは1ヶ月に1枚なんてとても買えないので(1枚2,800円ぐらいだったのでは?)、これでも結構がんばった方だと思うのですが。。

この中では、「とんぼ」とか「相曽晴日」とか「佐々木好」とかがマニアック系になるのでしょうか(笑)

それらの思いではまたの機会に書くとして、この中でもし1枚を選ぶならこれでしょう。



小さな恋のメロディー・・・Bee GeesとC.S.N&Yの音楽が美しいです。



「Melody Fair」Bee Gees

ちなみに、この映画、私はリアルタイムでは無くて、テレビで見た世代です。

私にとってリアルタイムのBee Geesのサントラといえば「Saturday Night Fever」の「Stayin' Alive」だったりするんですけど(^^;



「Stayin' Alive」Bee Gees

更にもう1枚。



発売当時の物ではなく、URCのLPが再販された頃(1980年代!?)の1枚なんですけど、今となっては希少かも。

当時、ギターの本とかによく載っていた「1310」が欲しかったんですけど、そちらは手に入らず(当時は廃盤)こちらの「1970」を買った覚えがあります。


「1310」中川イサト

ちなみに「1310」はCDで再販されており、現在も入手可能です。

「1970」の方は、CDで再販されたものの廃盤になっているようですね。

最後は多分凄く狭いレンジの方しかわからないであろうシングル。



わかるのは流行った当時、深夜放送を聴いていた世代だけかもれないです(笑)

ちゃんとyoutubeにはありました。



「あの人は受験生」HATO-POP-PO


♪そうよ私は大学生 あなたは受験生

♪勉強の邪魔しちゃいけない 逢っちゃいけない


いやあ懐かしい(^^;

P.S.

本文とは全然関係ないんですけど、この映画も好きです。



Kristy McNichol 映画「さよならジョージア」より

私にとっては黄金の80's(笑)
スポンサーサイト
EDIT  |  19:19  |  私と音楽  |  Top↑

2012.09.21 (Fri)

歌姫降臨

すごく、とある世代にのみピンポイントな動画を(笑)

説明は殆ど入れませんので、動画をお楽しみ下さい。。

最初は、以前も貼ったこの動画から。




「港からやって来た女」中島みゆき&甲斐バンド

この演奏は甲斐バンドのCD「シークレットギグ」に収録されてるのかな、確か。




「永遠の嘘をついてくれ」吉田拓郎&中島みゆき

中島みゆきバージョンはCD「パラダイスカフェ」に収録されています。




「ふたりは」中島みゆき with 世良公則

デュエット版は「WITH YOU~LOVE DUET COLLECTION」というオムニバスCDに収録されています。




「あの人に似ている」さだまさし&中島みゆき

本バージョンは中島みゆきのCD「おとぎばなし-Fairy Ring」に収録されています。


特定の世代にジャストフィットのコラボばかりでしょ(笑)
EDIT  |  09:00  |  私と音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2011.11.26 (Sat)

バンドブームの頃・・・その3

いつギター製作にもどるんだろう・・・と自問自答しながらの第三夜(笑)

バンドブームといえば「ブルーハーツ」は外せない訳ですが、まずこの曲を。


「夏が来て僕等 」真島昌利

第二夜は1ヶ月早いクリスマスの曲で締めたんですけど、第三夜は8ヶ月早い夏の曲で。

私的にマーシーの曲の中で一番好きな曲。ファーストソロアルバムの1曲目だったんじゃないかな。

無限に夏休みが続く気がしていた子どもの頃を思い出させてくれる曲です。

ちなみにブルーハーツの曲では「チェイン・ギャング」が一番好きです。

夏休みと言えば、バンドブームの頃ではないけど、この曲も好きです。


「secret base ~君がくれたもの~」ZONE

普段は大阪に住んでいて(私は三重県在住)、夏休みだけやってくる友達(彼のお祖母さんが私の家の近所に住んでいた)が小学生の頃にいまして、開発途中で止まったままの住宅団地に勝手に洞穴(子どもが入れるくらい大きい穴を・・・粘土質の土地だったので、子どもでも洞穴をほれたんです)を彫って、いろいろ持ち込んで秘密基地遊びをしていた頃を思い出します。

あれから10年どころか、もっと多くの時間が過ぎた訳ですけど・・・彼は今どこでどうやってくらしているんだろう!?

ZONEは再結成したけど、私の方は、彼のお祖母さんも亡くなってからかなり時間もたったので、もはや辿る術もないんですけど。。

第三夜の夏休み特集、最後はこの曲を。


「夏祭り」JITTERIN'JINN

「あなたが私にくれたもの♪」(プレゼント)でいきなりブレイクしたジッタリンジン。「大助だったのに花子がいたなんて♪」っていう嘉門達夫の替え歌も懐かしい(^^)

実は私、結構綺麗にファルセット(裏声)が出せて、声の調子がいいときは、この「夏祭り」、原曲のキーで歌えるんですけど、誰か一緒に演ってくれないかな(半分本気)。

そろそろ製作の話に戻さないと、何のblogか分からなくなりそう(^_^;) 
EDIT  |  09:00  |  私と音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.11.25 (Fri)

バンドブームの頃・・・その2

では、バンドブームの頃「第二夜」・・・記事の公開は午前9時に設定してるわけですけど(苦笑)

では、まずはこの曲から。


「負けるもんか」BARBEE BOYS

男女のデュエットといえば、カラオケでオジサンが歌うものっていうイメージを見事に壊してくれたバービーボーイズ。

ザ・ベストテンだったかなあ・・・初めてこの曲を聴いたときは衝撃的でした。「男女の掛け合い」っていうスタイルも衝撃的でしたけどその歌詞もすごいセンスだなあ、真似できないなあと。

コンタのソプラノサックスにも憧れました。陣内孝則、キョンキョンと出てたドラマ(「みんな愛し合ってるか~い」っていうやつ)の教師のコンタには憧れませんでしたけど(苦笑)

では次の曲に。


「限界ラバーズ」SHOW-YA

ベタですいません(^_^;)

でもカッコいい!!!マイフェイバリット女性ロッカー、外タレ(古い言い方・・・汗)では、「ジョーン・ジェット」、日本人では「寺田恵子」なんですよ(^^)

かといって私自身硬派でもないので、「プリプリ」とか「ノッコ」とかも好きだったりするんですけどね。

じゃあ、最後はさらにベタベタな曲を。


「白いクリスマス」JUN SKY WALKER(S)

かなり前に「永井真理子&ジュンスカ」バージョン(クリスマスの特番で流れたもの)を紹介したと思うんですけど、今回は本家で。

1ヶ月早いですけど(笑)・・・メリー・クリスマス(^^)

もしかしたら「その3」に続くかも!?
EDIT  |  09:00  |  私と音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.11.24 (Thu)

バンドブームの頃・・・その1

こうやってblogを書いていると、たまにラジオのDJしてるみたいな気分になるんですよ(私だけ!?byだいたひかる)

で、久しぶりにDJ風動画紹介。今日は懐かしのバンドブームの頃を思い出して、当時よく聴いたバンドの曲を何曲か。。

まず、最初は、この曲から。


「バラとワイン」RED WARRIORS

レベッカも好きだったんですけど、裏レベッカで(笑)・・・こんなネタも若い人にはわかんないかな(^_^;)

DIAMOND☆YUKAIはたまにTVで見かけますね。私、殆どテレビ見ないので、正確な情報ではないんですけど(汗)

ちなみに、名前の真ん中に「☆」が入るのは「つのだ☆ひろ」が有名(笑)

シャケはあんまり見かけないなあ。。

では次の曲に。


「Gentle Land」ECHOES

現在は作家の辻仁成さん。エコーズで一番有名な曲は「ZOO」かなと思うんですけど、今回もってきた動画と違うライブの映像で、声がかすれて殆ど出てない絶叫のジェントルランドの映像があって・・・それが好きなんですよ(^^)

他のミュージシャンがTAKAMINEのPTかYAMAHAのCWEを使っていた時代にK.YAIRIの通常モデルより一回り小さいオリジナルのエレアコ使ってたのもギターマニアとしてはツボだったり(笑)

「その1」の最後は、個人的にすごく好きだったこの曲。


「世界が一番幸せな日」KUSUKUSU

ご他聞に漏れず、私も昔は自分で曲を作ってたりしたんですけど、この曲を聴いたときに、このメロとノリはニューミュージック世代の自分には絶対書けないなと思った曲です。

素直にリズムにのれちゃうラテン系のこのノリ・・・「これは天才だわ」と素直に思いました。もっとブレイクしてもよかったバンドだと思うんですけどねえ。

今でもバンドブームの頃の曲の中では個人的にはNo.1です。

No.1を紹介したにもかかわらず「その2」に続ける気満々(苦笑)
EDIT  |  09:00  |  私と音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。