2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.06.18 (Fri)

改善!?止めといた方がよかった!?

 6月19日(土)のイケヤマさんのライブにシリアルNo.006を持っていく訳なんですが、THGF以来調整してなかったのと、少し気になる点もあったので、弦を張り替えるついでにちょっと調整を。

20100618-1.jpg

 他の弦に比べて2弦(ゼロフレット位置)が少し高いように感じたので、目立てヤスリで少し下げてみました。

20100618-2.jpg

 ちょっとビビるフレットもあったので、フレット合わせもしてしました。フレットの整形は時間的に出来なかったので、ちょっと形が・・・(-_-;)。

 フレット合わせをした分、サドルを下げる余裕ができたので、サドルも下げました(0.5mm~1.0mmの間ぐらい!?)。

20100618-3.jpg

 今回使用の弦は、DEANMARKLEY ALCHEMY GoldBronze CL12-54。012から始まるライトゲージです。箱が潰れているので、特価品で買いました。確か定価の1/4ぐらい。

 この弦、何回か使っているのですけど、音はすごく私の好みです。ちゃんと買うと高いのと、取扱い店がそれほど多くないので、使うチャンスはあまり多くないのですけど。

 調整後の弦高は6弦12Fが3mm強、1弦12Fが2.5mm程度と調整前とさほど変わっていませんが、サドルが下がってテンションが多少弱くなったので、かなり弾き易くなった気がします。

 もう少し攻めて、サドルを更に1mm下げて0.5mmぐらい弦高を下げれば(6弦2.7mm、1弦2mmぐらいになるはず)もっと弾き易くなると思うんですけど、ビビリが出るのが怖いので、それは19日のライブが終わってからにします。。

 

スポンサーサイト
EDIT  |  10:43  |  No.006 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.03.30 (Tue)

パーラーギター1本目 部品取り付け

 磨き上がればパーツを取り付けていきます。ペグは、木ネジを締めるだけで大したこともないので省略。

20100330-1.jpg

 今回のナットは牛骨。サンドペーパーでナットの溝にぴったり収まるように整形していきます。

20100330-2.jpg

 厚みが整えば、長さを合わせこみます。

20100330-3.jpg

 ナット溝に収まれば、弦溝の位置を書き込みます。

20100330-4.jpg

 巻き弦は針ヤスリ、プレーン弦は目立てヤスリで溝を切ります。

20100330-5.jpg

 サドルは弦の仮張り時に高さ・幅を合わせてありますので、半円ヤスリで形を整形します。

20100330-6.jpg

 今回は手を抜いて、指板がへの字になっていますので、フレット合わせで気持ちだけ修正します。フラットにしようとすると、かなりフレットが減るので、それこまでの無理はしませんでした。

 詳しくはPARLOR GUITAR(パーラーギター)を作ってみるを見てください・・・といつも書いて済ますんですけど、4月上旬で公開停止の予定なので、ちょっと無責任かも。。

 最終の仕上がりはこちらの記事をご覧下さい。。
EDIT  |  09:00  |  No.006 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.03.29 (Mon)

パーラーギター1本目 塗装磨き

 週末、ネット接続できないところに遠出していたので、久しぶりの更新です。パーラーギター(シリアルNo.006)のupを放ったらかしだったので、ポンポンっといっちゃいます。

20100329-1.jpg

 塗装が終わったら、まず指板の縁切り。平ヤスリで塗装を切っていきます。ちゃんと切っておかないと、マスキングテープと一緒に塗装が剥がれたります。

20100329-3.jpg

 塗装表面の凸凹などを耐水ペーパーで取っていきます。

20100329-5.jpg

 最後はコンパウンドで磨きます。

20100329-6.jpg

 ブリッジもついでに磨いたりします。
EDIT  |  11:22  |  No.006 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.03.12 (Fri)

パーラーギター1本目 ラッカー塗装

 もはや手持ちの写真がほとんど無い訳ですが、upしてみます。

20100312-1.jpg

 結局、休日に好天が望めなかったので、雨の降ってない夜で3晩に分けてラッカー塗装しました。写真は1晩目かな?

 肩のあたり、塗装が垂れていますねえ。あんまりよくないのですけど、まあその程度の腕ですから。磨いてみて不具合がでるようなら、そこだけ塗り直します。

 ちゃんとした製作より手直しの方が得意なのは・・・失敗の多いアマチュアならでは(^_^;)。

 これで終わるのも何なので、もう1枚。

20100312-2.jpg

 最初は並行して作るつもりでしたが、時間の都合上裏板を接ぎしたところで休止していた材です。側板は今塗装しているパーラーギターと双子(同じ材から切り出した)です。

 少し杢が物足りない感じですけど、アマチュアにはこれで十分かと(^^ゞ。AAAAには及びませんが、AAよりは杢は出てる気はします・・・じゃあAAAかと言われると、そこまでは行ってない気がします。

 AA+あたりの評価でどうでしょう!?
EDIT  |  09:00  |  No.006 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.03.11 (Thu)

パーラーギター1本目 サンディングシラー塗装

 もはや手持ちの写真もほんの少しなので、blogの更新が休止するのも間もなくです(^_^;)。

20100311-1.jpg

 サンディング―ラ―をシンナーと混ぜて・・・鉄弦ギターの時に書いたからもういいですね。。

20100311-3.jpg

 シーラーを塗ると、杢がはっきり出てきます。ちょっと粗い感じの杢ですけど、AAAAではない(ワンセット3万円とかする)ので、こんなもんでしょう。。

20100311-4.jpg

 乾けばいつものように剥がしていきます。
EDIT  |  09:00  |  No.006 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。