2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2012.04.29 (Sun)

THE DAY AFTERについて考える・・・その1

今は、TOKYOハンドクラフトギターフェスの出展作品について全力投球って状況なんですけど、次の目標を立てておかないと、フェスが終わるとそのままずるずる遊んじゃうので(そういう性格)、THE DAY AFTERもちゃんと考えておこうかなと。

NEWプロジェクト その1

先日、グランビル滝原さんラモシオンさんにヒノキギターの試奏をお願いしに行ったときにお預かりした木材。



この中に、グランビルの店長からいただいた、旧家屋を解体した時の材があります。

店長さんが子どものころから毎日見ていたであろう、思い出のこもった木材。

これをギターに使えたらということでいただいたんですけど、これで一部ではなく、これでほぼ全部の材を賄って、1本のギターにできればなあ・・・っていう思いつき。

ここで余談になるんですけど、廃材で思いつくのは、何年か前にリフトとかで物を運ぶときに使うパレットを再利用したTAYLORのギター。確か掲載されている本を持っていたと思うんですけど、ちょっと探す気力がなくて(汗)

釘のあととかが残ってて、賛否はわかれると思いますが(っていうか、余りお店ではみかけないから、不評だったんでしょう)、そんな製品もありましたということで。

それから、ゼロワン瓦礫再生プロジェクト。詳しくはリンク先のhomepageを見ていただくとして、「瓦礫の木材で楽器は作れないか」という問いかけ。

震災支援とか、そんな立派なことは私には似合わないので(2週間ほど支援には行ってきたけれど)、あえてそっちに向かうつもりはないんですけど、「災害ででた瓦礫の中の木材や素材を、ゴミや廃材等とはいわず想い出や人の復興の思いが入った材料として、思材と表現しております。」という言葉。

さて、ここで本題に戻って。

多分、このblogをご覧の殆どの方が、三重県にある大気町って町をご存知ないと思うので、大気町のホームページから一部抜粋して引用。



 大紀町は三重県の中南部に位置し、総面積233.54平方キロメートルのうち約91%が山林が占め、地形は全般に急峻で、町内を流れる一級河川の宮川、大内山川、藤川沿いに民家と耕地が散在する農山村部と僅かな土地に民家が集中する沿岸部から成る典型的な農山漁村地域です。

町の面積の91%が山というところですので、昔のお家には今ではなかなか手に入らない樹齢100年以上であろう銘木材が、あたりまえのように使われています。

今回、お預かりした材料・・・例えば、



ケヤキ

ギター用に製材されているわけではないですし、ほぞ穴(ほぞ溝?)があけられていたりしますので、厚みが確保できなくてブックマッチに割るとかは難しかったりしますけど、逆に材のサイズが大きいので、1枚板なら余裕で取れたりします(パーラーギターの場合)。

側板についても、きっとブックマッチに割ったのであろう板材の部分がありましたので、それを使えばばっちりです。



サクラ1

胴を総ケヤキで組むことも可能なんですけど、せっかく他の材もあるので、表板は違う材を使ったほうが変化があっていいような気もします。

ケヤキもサクラも硬めの材なので、適性としてはいろいろご意見もあると思いますけど、それを材料のせいにしちゃうのは、なんかずるい気もして。。



サクラ2

見るからに敷居に使っていたであろう材です。私も子どもの頃、昔の家に住んでいたので普通にこんなごっつい材を使っていたんですけど、今は芯抜きの無垢材で、これだけ目の通った材を使っているお家を見ることも減った気がします。

サクラなので、硬くて加工はちょっと手間がかかりそうですけど、いいワンピースネックが取れそうです。

少し前までは、「表板は○○スプルースでないと」とか、「サイドバックは○○が一番」とかいろいろ思っていたんですけど、ヒノキのギターを作ってからは、「別にスプルース+ローズウッドでなくてもいいじゃん」って気になっています。

「思い出のランドセルをその形のままミニランドセルに」っていうお商売がありますけど、「思い出の古民家の材を使ってパーラーギターに」っていうのどうでしょう・・・対象がミニマム過ぎて商売にはなんないと思いますけど、夢がある気がしませんか!?
スポンサーサイト
EDIT  |  09:17  |  空想・妄想  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2012.04.11 (Wed)

ウクレレ製作教室について調べてみる

塗装は、はなからあきらめているけど、組んでしまうのは無理なのかなあ・・・。

と思いつつ、諦めが悪いので、今度は"ウクレレ製作教室"で検索。

どれもみんな長期だなあ・・・短いのでも30時間+ホームワーク(MoanaKoa)とか、54時間(代官山音楽院オープンスクール)とか・・・と思ってると、

dbと感想文~ウクレレ製作教室~

またまたまた、いい人発見(笑×3)

stew-macのウクレレキットなら、2日で組めるらしい。これは早速調査しなければ。



Soprano Ukulele Kit


で、そのキット。

HOSCOのウクレレキットに構成が似てますね。これは参考になりそう。

STEW-MACのページからUkulele Kit Instructionsっていうpdfファイルがダウンロードできます。

作り方、結構工夫してますね。がっつり自分ところの商品使う仕様になってます(笑)

これを見てると、できるかもしれない気になってきました。。

試しにHOSCOのキット、ひとつ買って試作してみましょうか。。

つづく・・・。
EDIT  |  09:00  |  空想・妄想  |  TB(1)  |  CM(2)  |  Top↑

2012.04.09 (Mon)

2日間で作るウクレレ工作教室について調べてみる

ヒノキギター、実作業はブリッジ貼って弦を仮張りして、音出しまでしてたりするんですけど、更新のモチベーションあがらず・・・前に書き溜めてあった記事をupで、今日のところはm(__)m


最近の流行はまずは何でもネットで検索 or Yahoo!知恵袋に質問(笑)

で、"2日間で作るウクレレ工作教室"を検索してみました。

ものづくりノート~ウクレレ工作教室に参加する~

いい人発見(笑)

2010年の教室のレポート、写真あり、工程解説ありです(ここから先は当該ページを参照しながらお読みください・・・いわゆる人のふんどしで(苦笑)

最初の写真・・・解説どおりあらかた組まれてますのね(汗)

工程読んでいくと、「ネックの仕上げ」「ブリッジの接着」「ナットの接着・弦溝切」・・・までみたいです。

確かに、組み立てよりも、ナットの製作とかの方が役に立つし(ナット製作とか結構よくする作業です)、少ない時間を有効に活用するにはよく考えられたプログラムかも。

ちなみにこの方の場合、しっかり役に立っておられます(ものづくりノート~豊作だぁ~)。

しかし、それだけで、2日かかってしまうのか。。

いきなりめげそうです(-_-;)

さらに検索。

Myブームつれづれ~2日間で作るウクレレ教室~

またまたいい人発見(笑×2)

こちらは2011年の教室です。

ここで、「2日間と言っても、合計6時間しかない」ことを知りました。作業内容はほぼ同じっぽいです。

塗装は、はなからあきらめているけど、組んでしまうのは無理なのかなあ・・・。

つづく・・・。
EDIT  |  09:00  |  空想・妄想  |  TB(1)  |  CM(4)  |  Top↑

2010.09.20 (Mon)

初心者でも失敗せずにキットギターを作る方法4

 以前の記事で書いたとおり、力木を側板に貫通させる方法(stew-macのマニュアルも貫通式ですね)とか、K.YAIRIさんの動画を引用したジグの話のように他の工程でも失敗のリスクを減らすアイディアそれなりにためていたりします。

例えば、ブロックの面出しとか、胴削りとか、ライニングの接着とか。特に独自のアイディアっていう訳じゃなくて、私自身はそういうやり方をしていないけど、そっちの方法を取っているひとの方が多いっていうものばかりですけど。

あと残ってる課題はネック入れと塗装だけだったりすんですけど、その程度は格闘してもらわないと、ものづくりとして面白くないので、そこらは正道で苦戦してもらおうかなと思っていたりもします。

実はそれらのアイディアとかも予約投稿してたんですけど、気が変わったのでこうして書きなおしてたりします。

私自身は商売っ気が殆どない(アマチュアだし)ので、カリキュラムは企業秘密だから公開できないなんていうつもりは毛頭ないんですけど、実証していないアイディアだけを垂れ流すのもどうかなあとふと思ったもので。

実は製作工程も組んでみたりして、机上の空論では週1回4時間で月4回。ノーミスで4ヶ月ぐらいのコース(4週×4か月=16日)になります。ラフな日程ぐらいは書いてみようかな。。

  1日目 ブレース位置転写、ロゼッタ接着、ブロック接着
  2日目 裏側ライニング貼付、裏板の力木接着
  3日目 表側ライニング貼付、表板の力木接着
  4日目 裏板の溝切り、胴削り、接着
  5日目 表板の溝切り、胴削り、接着
  6日目 表板、裏板を側板と揃える
  7日目 バインディング溝切、接着
  8日目 ネック入れ、指板貼付
  9日目 塗装前の仕上
 10日目 シーラー塗装
 11日目 シーラー研磨
 12日目 ラッカー塗装
 13日目 水研ぎ
 14日目 コンパウンド仕上
 15日目 ブリッジ貼付
 16日目 最終調整

 実際にはこの期間では無理かもしれないですけど、目標が6か月なので大きな失敗をしない限り大丈夫なはずなのですが。塗装とネック入れ以外は簡素化しまくってますし。

 中々時間が取れないので、いつ実証できるかわからないんですけど、そのうち自分でやってみようかな。

 あ、そうそう、このカリキュラムうまくいくかどうか全く分からないですけど、それでもやってみたいと言う人柱も大歓迎です(笑)。
EDIT  |  09:00  |  空想・妄想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.09.18 (Sat)

初心者でも失敗せずにキットギターを作る方法3

 余りにも思い付きで書いているので、すごく分かりにくい内容になっている気が。一度、ここで立ち止まって再整理。

 材料は当然お安いHOSCOのギターキット。



こっから先は前に書いた記事の引用。マホガニーのキットに、表板単板を奢って。定価でいくと、16,800円+4,725円+1,050円=22,575円+送料。

 前に記事書いた時は、10人の教室でモールドを各自で買う前提で考えたけど、参加者(人柱)が1人なら、私のモールドを貸出せるので、モールドの購入は必要無し。プロが木型を起こして、金型屋にオーダーした本格仕様なので、精度もバッチリ(宝の持ち腐れ)。



 前回考えた時にはどうしようかと思ったスプールクランプも、私の持ってるものを使う前提なら作る必要無し。



 クランプも私の所有品があるので、買いそろえる必要無し。対象が1人だと、基本、貸出で済むので考えるのがすごく楽です。

工具は私が刃研ぎが下手なので、私の道具では却って使いにくいと思うので、カンナ、ノミは買ってもらわないといけないけど、安価な彫刻刀で代用できるところは代用することにして最小限の値段で収めたいなあ。

 消耗品としては、タイトボンドとサンドペーパーぐらいかな。シムとか埋め木する材料ぐらいは供出した方が早そう。塗装は、今のところ何にも考えてないので、要検討っと。

 HOSCOのギターキット持って無いので、作り方の手順とか普段私がやっている方法でしかわかんないので、どうなんだろ。stew-macのマニュアルでも見て考えてみようかな(基本変わらないと思うので)。

 まだ、つづく。。
EDIT  |  09:00  |  空想・妄想  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。