2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.11.27 (Sun)

No.011 PARLOR GUITAR 指板の加工

20111111-1.jpg

無いと思っていた、ネックジョイントの写真発見。こんな感じでネック入れました・・・って、さっぱりわかんないですね(苦笑)

ネックが入れて、ヒールキャップが貼れたら、次はタテ鉋(台直し鉋)で、胴とネックの面をフラットに仕上げるんですけど・・・これも写真無い(-_-;)

(勝手に)気を取り直して、次の作業に進みます(^^)

20111111-2.jpg

で、指板に加工です。指板自体は以前PARLOR GUITARを作ったときにまとめてフレット溝を切ったローズ指板です。弦長は630mm、この段階ではまだRはつけていません。

何回も書いている通り、ボール盤の軸が激しくずれており、ボール盤でポジションマークの穴を開けると、激しくずれますので、ピンバイスを使って、直径2mmの穴を開けます。

20111127-2.jpg

ここで、指板の長さをぴったりに切断・・・この段階で切断したのは、切り落とすのを忘れていただけです、はい(^_^;)

20111111-3.jpg

大和マークさんで購入した白蝶貝のポジションマークを接着。ちなみに、同じ値段でもアバロンとかの方が(なんとなく)高級っぽく見えるんですけど、白蝶貝の方が見やすいので、私は白蝶貝を使うことにしています(蛇足)

20111111-4.jpg

そうこう言ってるうちに接着剤が乾いたので(料理番組風)、ヤスリでフラットに仕上げて出来上がり(^^)

20111127-1.jpg

ポジションマークが仕上がれば、ネックに接着。滑って位置がずれやすいので、しっかり位置を確認しつつクランプで固定します。。
EDIT  |  09:00  |  No.011 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.11.23 (Wed)

No.011 PARLOR GUITAR ヒールキャップの接着

現物は既に指板も貼って、塗装待ちの状態な訳ですが・・・できるだけサクサクupして実際の状態に追いつきます(汗)

20111123-1.jpg

ネックが入ったところまでupしたはずなので(多分)、ヒールキャップを貼っていきます。

まずヒールを裏板と同じ高さまで切断して、

20111123-2.jpg

ノミで更にカット。バインディングの飾りの線とつながるようにラインをヒールキャップに入れる方もいますが、その場合はかなり深く切除するんですけど、私はそこまでしない&ヒールキャップと裏板をフラットに仕上げる(フォークギターは段差があるものが案外多い)ので、2mm~3mm程度(現場合わせ)切除します。

20111123-3.jpg

ヒールキャップはヘッドプレートと同じ白太のあるホンジュラスローズから切り出し。

結構大きい材から切り出していてもったいない気もしますけど、白太の入った端材で、他に使い道も無さそう(ヘッドプレート取るには長さが足りない)なので、贅沢に使用(笑)

20111123-4.jpg

バンドソーで切り出したあと、小刀で整形しているんですけど、上手く写真が撮れない(右手に木片、左手に小刀・・・左利きなもので)ので省略。。

ほぼ整形できたら(胴とくっついて小刀が入らない部分と裏板との接続する部分は完璧に!)、接着(^^)

20111123-6.jpg

一日放置して、接着できれば、小刀で最終整形して、

20111123-5.jpg

こんな感じでできあがり。。

EDIT  |  09:00  |  No.011 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.11.10 (Thu)

No.011 PARLOR GUITAR ダブテイルの製作&ネックジョイント

結構、写真撮ってないなあ・・・あっ、それはこっちの話で(汗)

ネック側のダブテイル(♂)を整形する前に、ボディ側のダブテイル(♀)を作っておきます。

ノコギリで切り込みを入れて、ノミで彫りこんで・・・っていう様子は、blogのこの辺とかホームページのこの辺とかを参考にしてください(汗々)

20111110-1.jpg

ダブテイルの胴側(♀)が仕上がったら、ネック側(♂)を加工していきます。

20111110-2.jpg

こんな感じでイメージを書き込んだら、

20111110-3.jpg

ノコギリでラフに切り込んで、

20111110-4.jpg

最後はノミで整形。

このあと難関のネックジョイントに入るんですけど、写真無いなあ・・・次の写真は、指板作って、張ってるもんなあ(汗)・・・鉄弦ギター製作のこの辺りに丁寧に書いてあるので、イメージしてください(無責任)

次回は指板貼っていきます(笑)
EDIT  |  09:00  |  No.011 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2011.11.04 (Fri)

No.011 PARLOR GUITAR ヒールの整形

ヒールが接着できたら、整形していきます。

20111104-1.jpg

バンドソーで曲線に切断。

真っ直ぐ切る時は、テーブルソーの方が正確で綺麗に切れますが、こういう曲線切りはバンドソーでないとできません。

まあ、引き回し鋸があればそれで十分なんですけど(怪我の危険も圧倒的に少ないし)、持ってないし(^_^;)

20111104-2.jpg

更に、横もテーパー状にバンドソーで切断。

これは以前は手ノコで問題なくやっていた作業なので、お勧めはしません(手間は大して変わらない割りに、怪我するリスクが高いので)。

そう考えると、バンドソー無くても何の問題も無い気がしてきた・・・あれば便利なのは間違いないんですけどね。

20111104-3.jpg

ラフにカットできれば、小刀で整形していきます。刃物が入り過ぎると、異常に薄いネックに仕上がっちゃうので、ご注意を。。

言葉だけではどういう状況を指しているのか、わかりにくいと思いますが(^_^;)

20111104-4.jpg

小刀で整形できれば、最後は半円やすりで仕上げ。慎重に施工すれば、そんな難しい作業ではないと思います。

しいて注意点をあげれば、ヒールのセンターがずれないように気をつけることぐらいかな。。

EDIT  |  09:00  |  No.011 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2011.11.03 (Thu)

No.011 PARLOR GUITAR ヒールの接着

最近ネタ系ばっかりで、製作をupしてませんでしたが、ようやく製作記に復帰(^^)

ヘッドの整形が終われば、ヒールを貼っていきます。

20111103-1.jpg

まずネック側の接着面が、バンドソーで切ったままで凸凹ですので、カンナで平面を出していきます。

あ、ネックの幅をいつの間にか落としてますね・・・写真撮ってないだけでなく、いつ落としたかさえ記憶に無い(汗)

ヘッドの整形終わってから、バンドソーで落としたんでしょう・・・多分(^_^;)

20111103-2.jpg

接着面ができたら、ネックを必要な長さで切断。先に落としてから、面だししてもいいですけど、アマチュアはカンナをかけると端部分をを落とす場合があるので、あとで切断したほうが無難かな!?

20111103-3.jpg

言葉ではわかりにくいかなと思ったので、図にしてみましたけど、こんな感じになりやすいんですよ、実際。。

20111103-4.jpg

ヒールはこんな感じのマホガニーのブロックがあったので、それを切断して、接着面をネック同様、平面に仕上げ。

20111104-5.jpg

ヒール材が仕上がれば、クランプで締めて接着。

後ろに写っているのは、サウンドメッセ in Osaka 2011に出展したNo.012ですね。ちょうど塗装が終わって、これから磨くって段階かな!?この作業をしたのが、サウンドメッセ以前ってまるわかりですね(苦笑)

この時点では、サウンドメッセ出展時より、かなり色むらが激しいのが丸分かり・・・ほんの数日ですけど、室内で日焼けさせた効果はあったということかな!?
EDIT  |  13:56  |  No.011 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT