2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.12.30 (Fri)

No.013 DREADNOUGHT 製作休止(-_-;)

しばらく更新していなかったNo.013 DREADNOUGHTですが、実際の作業は、

20111230-2.jpg

箱に組んで、こんな感じに額縁組むところまで終わっていました。

その後、パーラーギターにかかりきりになってしばらく放置していたのですが、先日ギターの発送を終えて、No.013の作業に戻ろうと確認したところ、

20111230-1.jpg

いつのまにか、裏板にこんな感じで亀裂が(-_-;)

修理できないことはない(埋木&パッチあてかな!?)んですけど、モチベーションがダウン。。

とりあえず、製作を休止して、別のギターをつくろうかなと。。

まあ、切りのいいところで、1月1日から再始動することにします。。
スポンサーサイト
EDIT  |  09:00  |  No.013 DREADNOUGHT  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2011.12.21 (Wed)

No.013 DREADNOUGHT 裏板力木の調整

昨日は更新おやすみしましたm(__)m

さて、Somogyiもどきに戻ります。。

側板にマーキングした時に、ブレースにもマーキングしておきました。

20111220-1.jpg

マーキング位置から、鉛筆のずれの幅と側板の幅分、内側を切り落とします。

・・・と、まるで一発であわせるみたいに書いてますけど、実際には少し長めにしておいて、胴とあわせる時に微調整であわしこみます(^_^;)

20111220-2.jpg

とりあえずこんな感じに仕上がり。

20111220-3.jpg

バックの割れ止めとブロックが当たる位置もマーキングしておいた線を規準にのみで切り込みを入れます。

ネット上の調査(matsuの推計)によると、この切り込み、ノミは案外少数派らしい・・・まあ、綺麗に仕上がるならどの方法でもいいんですけどね(笑)

20111220-4.jpg

エンド側、ヒール側とも切除してできあがり。。
EDIT  |  09:00  |  No.013 DREADNOUGHT  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.12.15 (Thu)

No.013 DREADNOUGHT 裏板側ライニングの溝きり

ライニングに力木を引っ掛ける溝を切っていきます。

溝の主流は、どうも貫通式みたい(そっちの方が圧倒的に楽です)ですけど、クラシックギター製作家の師に教わった私は、ポケット派(^_^;)

20111215-1.jpg

前回つけたマーキングを規準に、切り込む位置を書き込み。

20111215-2.jpg

ノコギリで、斜めに切り込みを入れて、

20111215-3.jpg

ノミで切除。

今回はスプルース材のライニングなので、切れるノミを使わないと、がっつり欠けちゃいます。

特に裏板側は、サウンドホールから見えるので、綺麗に仕上げないと。。
EDIT  |  09:00  |  No.013 DREADNOUGHT  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2011.12.14 (Wed)

No.013 DREADNOUGHT 裏板力木の整形

さて、かなり以前になりますが(笑)、11月17日の記事で、

20111117-6.jpg

ここまで整形した裏板の力木、ようやく次段階の整形に入ります。

ここまで放置していた理由は、更新が遅れ気味だったこともありますが(汗)、裏板は結構変形しやすく、力木が変形、外れる、割れる等のトラブルが発生する場合があるので、箱にする直前まで、角材状で強度を保持させておく為です・・・意味があるかどうかは、よくわかんないですけど(^_^;)

20111214-1.jpg

まずは面取りして、

20111214-2.jpg

端部分を薄くはねます。

20111214-3.jpg

こんな感じに仕上がり。まだ、端部は少し厚め(5mm)で置いてあります。最後にライニングのポケットに収めるときに、微調整でもう少し薄くする予定です。。

20111214-4.jpg

で、次の段階の準備として、実際に側板に置いて、力木の位置をマーキングします。

つづく(笑)
EDIT  |  09:00  |  No.013 DREADNOUGHT  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.12.12 (Mon)

No.013 DREADNOUGHT 側板の割れ止め

ライニングを貼り終わったら、あふれた接着剤をお掃除。

20111212-1.jpg

今回はなんとなく、ノミで掃除・・・まあ、結果的に仕上がれば、スクレイパーである必要は無いかと(^_^;)

さて、割れ止めです。。

私、基本的に割れ止め貼らない(師の教え)んですけど、マホガニーはさすがに落として一発で割ったことがあるし、そこまで行かなくても、変形しやすいみたいだし・・・久しぶり(シリアルNo.003以来・・・そういえばNo.003も側板マホだった)に割れ止めの接着を。

20111212-2.jpg

こんな感じに配置することに決定。位置の根拠?・・・想定外の質問は困ります(笑)

20111212-3.jpg

割れ止めも贅沢にホンジュラスマホガニー(^^)

単によく使うから、端材が出やすいだけなんですけどね。。

20111212-4.jpg

角材状だと、何となく野暮ったいので、もれなく面取りを(笑)

20111212-5.jpg

あて木をして、クランプで接着。

20111212-6.jpg

こんな感じに片面の接着が完了(^^)
EDIT  |  09:00  |  No.013 DREADNOUGHT  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。