2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2012.07.17 (Tue)

古民家材再生ギター・・・製材

グランビル滝原さん経由でお願いしていた古民家材の製材が完了し、某取材(後日、公開できるかと思います)でグランビルさんにお伺いしたときに、預かってきました(^^)

20120717-1.jpg

まずはケヤキ・・・このサイズでこれだけの玉杢が出るのは300年以上のブツとか・・・表板に使う予定です。

20120717-2.jpg

ネック材はサクラ・・・きれいな縮み杢があるんですけど、写真で見えるかな!?

20120717-3.jpg

側板はサクラ。微かに縮み杢があります。

20120717-4.jpg

裏板もサクラ。小さな節は入っちゃいますけど、一枚板で裏板がしっかり取れます。

本格的な着手はサウンドメッセ明けになると思いますが・・・製作が楽しみだあ(^^)d
スポンサーサイト
EDIT  |  12:29  |  古材ギター  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2012.07.02 (Mon)

久しぶりに・・・

以前、ちょっとさわりだけ書いた古材ギター

20120605-1.jpg

この材(サクラらしい)から表板を取ろうと思っているんですけど、かなりの反りがはいっていて、反りを取ると、とてもブックマッチにとれる厚みが残りそうも無いので、一枚板で取るつもりです。

で、近々グランビル滝原さんに持っていって、コネで(笑)プレナー掛けてもらう作戦なんですけど、反りが入ったままではプレナー通らない(反りが取れない)ので、

20120702-1.jpg

バンドソーの刃が切れたまま買ってないので、仕方なくテーブルソーで必要な大きさに切断・・・

20120702-2.jpg

と言っても、テーブルソーはテーブルソーで刃の出を調整するネジがバカになってるので、結局は手ノコで切断。

この写真が、反ってむっちゃ波打ってるのが一番良く分かるかな!?

不要な部分を切断しても、まだまだ反りが残ってるので、反りを取っていくんですけど、

20120702-3.jpg

手押しガンナとか、電動カンナとかを持っていないので、ひたすら手カンナで反りをとります。

前に手カンナで反りを取ったのって何年前だろう・・・サクラ、むっちゃ硬いし(-_-;)

20120702-4.jpg

1時間以上格闘して、ようやく平面に。。

20120702-5.jpg

元々、厚みは均一だったんですけど・・・こんなに山型になりました。

ようやくこれでプレナー通して貰えそう(^^)v

むっちゃ疲れた。。
EDIT  |  09:00  |  古材ギター  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2012.06.05 (Tue)

更新停滞中・・・

再始動と言いつつ更新停滞しています(^^;

これだけ更新期間空けたのは、何年ぶりだろうって感じです(苦笑)

言い訳から書いておくと、仕事の残業だけじゃなく、6月2日、3日とボランティアで(交通費はでないけど、お弁当はでる)、イベントスタッフをやりまして、なかなか時間がとれずで・・・。

時間のかからない木取りの準備(木材に木取りの線を書き込んだりとか)はしてるんですけど。

あまりblog放置するのも何なので、その記事でも書こうかなφ(..)

では古民家材再生ギター、まずは表板。

20120605-1.jpg

厚みがなく、かつ反りがあるので、ブックマッチでは取れないですけど、パーラーギターなら一枚板で取れます。

カンナで反りを取るところまでは出来るんですけど、うちの小さい自動カンナでは厚みを落とせないので、プレナーを通してくれる方を探してるところです。

20120605-3.jpg

裏板はケヤキ。こちらも厚みが取れないので、一枚板に、する予定。こちらもプレナーを通してくれる方を探しています。

20120605-4.jpg

さて側板・・・これはブックマッチで取りたいので、何とか取れるところを見つけました。



最後はネック・・・敷居なんですけど、ワンピースで2本取れます(笑)

こんな感じで準備は、してるんです(^_^;)
EDIT  |  09:00  |  古材ギター  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。