2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2014.05.17 (Sat)

Y氏モデル・・・その後



塗装も終えて、あとはロッドカバー製作と細かい仕上げを残すだけになりました。

で、製作者の特権で音出ししたんですけど・・う~ん、いい鳴り(自画自賛)

これは、手元にあるうちに音源を残さねばと、製作者のわがまま炸裂で、お友達のギタリストイケヤマ アツシ氏に音源を録っていただきました(^^)

イケヤマ様、ありがとうございます。この場を借りて御礼申し上げます。

今回演奏いただいたのはこちら曲です(リンク先から購入可能みたいです)。



マイクは、DPA4090を使用し、マッキー・オニキスブラックジャックのインファーフェイスに直結し、ロジックプロXで録音いただいたとのことです(棒読み)

・・・ごめんなさい、機械は全然わからないので、イケヤマさんからの情報のコピペです(^^;

では、まずはY氏ギターの音から。イコライジングとかエフェクターは無しの音源です。



どうでしょうか!?

さすがイケヤマさん、いい演奏だあ(^^)

では、2012年製作のヒノキギターの音源もup。



イケヤマさんもおっしゃっておられましたが、落ち着いた音ですね。

ヒノキギターに比べると、Y氏ギターは跳ね馬っぽい感じですね((笑)

イケヤマさんがヒノキギターの音の方が好みとおっしゃるのもわかります。

では最後に、イコライジングとリバーブをかけてお化粧してもらったY氏ギターの音源を。



こちらの動画は写真をリサイズせずに使っちゃったので、むっちゃ容量大きいです(220MB?)

自分の名前のスペルも間違ってるし、音も途中で切れてるし(--;

近いうちにupしなおしますm(__)m
EDIT  |  21:44  |  最近の出来事  |  Top↑

2014.04.10 (Thu)

最近の出来事

私、三重県名張市というところに住んでいるのですが、名張市の観光大使をされている竹田京右さんというギタープレーヤーがおられます。



で、竹田さんが名張市政60周年記念式典にこられた折、縁あって(コネあって・・・笑)私のギターをモニターで使っていただけることになりました(^o^)



モニターでご使用いただくのはシリアルNo.010のパーラーギターです。



試奏用に手元に置いてあったギターなので傷だらけで恐縮だったのですが、何せ手元に在庫が無くて(苦笑)



ラモシオンさんに置かせてもらっていたいたラティス・ブレーシングのドレットノートも先日売れましたとご連絡いただいており、完全に手持ちギターが無い状況です。



新しいモールドも作ったことだし、

20110622-3.jpg

接いだまま3年以上放置したままのハカランダを何とかしないと(^^;
EDIT  |  20:00  |  最近の出来事  |  Top↑

2014.02.15 (Sat)

Y氏モデルの様々な実験・・・っていう程でもないけど(笑)

 まだ完成にはいたっていないのですが、PARLOR GUITAR+ライトゲージと今までとは違う仕様を想定しているため、強度upに試行錯誤している今日この頃です。

 以前、フォワードシフテッドは採用せずに一般的な位置にXブレースを配置しましたと書いたと思うのですが、テンションupで負荷のかかる部分は、まず表板(胴)、次にネックだと思います(当社比・・・モデルによってネックへの影響の方が大きい場合も多々あり)。

 で、ネックの強度upです。



 まず、ヘッドを1Pではなく2Pで接ぐ仕様にしました。

 1Pと2Pではどちらが強度があるのかは諸説あるようですが、あくまでも私見として(私見です、私見)、接着面が完全に密着していれば1Pと変わらない強度が出ますので、あとは力のかかる方向に木目が走らせることができる2Pの方が有利かなと思っていたりします。

 それに、ずっと1Pばかりやってると、技術的に劣化しそうなので、たまには2Pで接がないというのもあったりするんですけど(^^;

 以下、自分のための覚書。

 スロッテドヘッドの場合、ヘッドに厚みがあるので、接ぎ目がちょうどヘッド裏の返しの部分になり、整形により継ぎ目が目立たないように処理できる。

 ソリッドヘッドの場合、ヘッドの厚みが薄く、接ぎ目がヘッド裏の途中に来るので、完全に隠すことは難しい。裏にもプレートを貼るほうが無難。



 次に、一般的によく使われる方法ですが、ネック内部にカーボンロッドを2本仕込みました。

 クラシックギターでは河野とか、アコースティックギターではローデン等で採用されている硬木を挟む方法も考えたのですが、それはまたの機会にすることにしました。

 以下、自分のための覚書(その2)。

 硬木を挟むネックの場合は、クラシックギターのように、ヘッド及びヒールはサンドしない材を接いだ方が、見た目は綺麗に収まるように思う。

 あくまでもの個人の嗜好の範囲にはなるが、先細りのヒールのにするとデザイン的に綺麗に納めることが難しいように思う。



 それと、指板を1mm厚くしました。具体的には6mm→7mm。

 元々パーラーギターは比重がヘッド寄りになっているので、余り厚過ぎてもバランスが崩れる気がします。

 スロッテドヘッド+オープンバックのペグにすれば、かなり解消されると思うのですが、まあ今回はソリッドヘッドで(笑)


 という感じで、細かい(多分、言われないとわからない程度)の仕様変更ですが、強度アップに努力してみました。。
EDIT  |  17:27  |  最近の出来事  |  Top↑

2014.01.24 (Fri)

「まっつぁか音楽祭」に参加してきました(^^)

主催者の立場から考えると(本業では主催者のことが多いので気持ちはよくわかる)、事前告知の方が意味があるのですが、並べる楽器を準備するので手一杯で、報告記事でupです(^^;

1月18日(日)に松阪市にありますカリヨンプラザ(近鉄松阪駅の近く)で、「まっつぁか音楽祭」というイベントが開催され、出展させていただいてきました。

開催にあたりましてご尽力いただきました皆様、出展のお誘いをいただきました竹岡様、一緒に出展して下さいという無茶振りに快くご協力いただきましたHATTA WORKS様、他多くの皆様、お疲れ様&ありがとうございました。



写真は、オープニング演奏の様子。演奏の写真は殆ど撮っていないので、当日の様子は松阪市商店会連合会さんのホームページをご参照下さいm(__)m

ぶっつけ本番(リハ無し)で、プログラムは進行していったのですが、演奏に飛び入りのプレーヤーが参加したり、お客さんがどんどんカホン叩いて演奏に参加したりと、ライブというより、お祭りっていう感じでした。

コンサートみたいに演奏者と聴衆がきっちり分かれていて、座ってじっくり演奏を聴くのもいいですが、みんなが勝手に演奏に参加するスタイルは、盛り上がることこの上なしですね。

今回が"第1回"ということで、"第2回"以降も引き続き開催されるようですので、今から楽しみにしています・・・できればもう少し暖かい時期に(笑)



楽器の展示はこんな感じで、越仮カホンさん、HATTA WORKSさんとみんなでかたまっての展示にさせてもらいました。

私のギターはPARLOR GUITAR1本のみ、HATTA WORKSさんはギター1本、ウククレ1本の計2本。

ウクレレは三重県産のケヤキを使用した逸品で、前日に塗装を終えたばかりだったそうです。

越仮カホンさんは、カホン以外にもスリットドラム、カリンバ等々、多くの楽器を展示され、子どもから大人まで多くの方が興味を示しておられました。



で、私が展示したのが、こちらのパーラーギター。

音は気に入っているのですが(「音がいい」と自分で言うとセールストークみたいで嘘っぽい)、高温多湿の時期にプレハブ工房で塗装を乾かしていた(放置していた)ところ、裏板にクラック(貫通はしてないようす)が発生して、売り物にならなくなったため、粗仕上げで試奏用に工房に置いてあったものです。



クラックは仕方ない(どうしようもない)としても、流石にこの仕上げではと思い、慌ててコンパウンドで磨き上げて、



ロッドカバーをローズウッドの端材(裏板の切り取った余白)で製作して仕上げました。

試奏は概ね好評だったと(勝手に)思っているのですが、お世辞も多分にあると思うので実際はどうなんでしょう!?

気になった方は、私の工房に置いてありますので、試奏してみて下さい(笑)

では、本日の最後にこの曲を。



「糸」中島みゆき


♪縦の糸はあなた 横の糸は私 織りなす布は いつか誰かを 暖めうるかもしれない

人と人とのつながりって大切ですよね。。
EDIT  |  19:19  |  最近の出来事  |  Top↑

2013.12.27 (Fri)

今年の最後に・・・

少し早いのですが、多分今回が年内最後の更新になると思うので、今年の総決算を。

去年同様、今年も私的にいろいろサプライズな出来事がありました。

Sasakubox

正確には去年の年末になるのですが、笹久保伸氏にギターを収めさせていただいて、今年出演されたコンサートやCDの録音にご使用いただきました。

前にも書きましたが、幸運にも私のギターは、まるでギター自身が選んだかのように、自分を一番生かしてくれる方の手元に全て収まっている気がします。

製作の方は、前期(9月末まで)に4本のギターを製作しました。

fc2_2013-07-02_17-31-58-392.jpg
シリアルNo.010 PARLOR GUITAR

2010年に着手して紆余曲折あってようやく完成(^^;

fc2_2013-08-12_16-14-57-894.jpg

シリアルNo.018 古材ギター

1年以上お待ちいただいて、ようやく納品させていただきました。

fc2_2013-06-17_10-49-10-527.jpg
シリアルNo.019 CONCEPT-J

今のユーザーさんが一目惚れされて嫁いでいきました。とっても大切にしていたいだいているそうです。

1255184_327883604023577_1384665658_n.jpg
シリアルNo.020 PARLOR GUITAR

オーダー品で、ご自分で漆塗りを手配されるとのことで、木工終了段階で仮納品。塗装後にセットアップして完成予定です。

なお、後期分で完成したギターはまだありません(^^;

さて、マスコミにも今年は何度か取り上げていただきました。

fc2_2013-02-24_01-05-37-751.jpg
TBS「報道特集」

fc2_2013-03-09_12-25-30-853.jpg
地元ミニコミ誌「NAVA」

fc2_2013-03-13_19-26-10-150.jpg
三重テレビ「とってもワクドキ!」

そして更に・・・

読売新聞『家をギターに作り替え 古材使い「思い出残す」』

ヒノキギターだけでなく、古材ギターも取り上げていただきました(パチパチ)

古材ギターはほかにもCBCラジオさん、FMにも取り上げていただきました。

自分のblogを読みながらこの記事を書いているんですけど・・・今年もいろいろあったなあ。。


さて最後に年末なので、思い切って秘蔵の画像をもうひとつ。

1380354_357659251046012_1559271779_n.jpg

2013年10月20日にこの方にヒノキギターをご試奏いただきました(((o(*゚▽゚*)o)))


今年も1年間、多くの方にお世話になりました。

私一人の力では、とても実現できなかったであろうことが、仲間の皆さんのお陰で実現できました。

また来年もよろしくお願いします・・・みんなでもっともっと楽しいことをやりましょうO(≧▽≦)O



では今年最後に、


笹久保伸「アヤクーチョの雨」

matsuのギターを使用していただいている笹久保伸氏の動画を。


笹久保伸 Guitar Concert in RUANG SUARA 2013.12.8 「BWV996~Allemande」

来年もよろしくお願いしますm(__)m
EDIT  |  12:46  |  最近の出来事  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT