2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2011.11.09 (Wed)

No.014 19世紀ギター風ナイロン弦ギター 構想

依頼品です。

依頼者は、小柄な方で手も小さいです。弦楽器初心者で、張力も弱めの方がよいということ

で、具体的な希望をピックアップしていくと、

・胴は小振り、弦長も短めの方がよい。
・弦はナイロン弦希望。

とのこと。

最初は、ウクレレを希望されていたんですけど、やっぱりギターの方がいいということでしたので、小振りなクラシックギターでとも思ったんですけど、普通に作っても面白くないので(勝手な理屈)、19世紀ギター風に作ってみようかなと思い立ちました。

依頼主が、お気に召さなければそのまま自分で使えばいいし(笑)

19世紀ギターについては、シリアルNo.004を作るときに結構調べたので、真偽は別にして知識は十分(笑)

実物もTOKYOハンドクラフトギターフェスで2010年にCRANEさん、2011年にKEN工房さんと、実物をしっかり観察させていただいたので、まあ何とかなるかな(^_^;)

ちょっと塗装だけよくわかんない(アルコール系のニスなのかな!?)んですけど、まあ何とかしましょう(楽観)

新しいモールドを作る気力は、まだしばらく無い(一台作るごとにモールドを新設している製作家の方もいらっしゃるようで・・・ひたすら頭が下がります)ので、

20091102_1.jpg
※写真はNo.006製作時のもの

いつものパーラーギターのモールドを使います。19世紀ギターには少し大きい(最大幅約300mm、胴長約450mm)気もしますが、"0"サイズより小さいのですから、許容範囲ということにしておきましょう(苦笑)

今のところ、シリアルNo.011の塗装とNo.013の組み立ての作業がありますので、着手はNo.013が組みあがって、塗装に入る頃・・・年明けぐらいでしょうか!?

とりあえず、材料の準備をぼちぼち始めます。。
EDIT  |  09:00  |  No.015 19世紀ギター風ナイロン弦ギター  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

■19世紀ギター[e:292]いいすね~[e:814]

Matsuさんらしいのを製作して下さいな

個人的にはシュタウファーのヘッド(fender風)などいかがかと……

力木もついでにシュタウファーを参考に……

弦はキルシュナーですぞ

と自分の好みを申しました
輝 |  2011.11.09(水) 13:41 |  URL |  【コメント編集】

■輝 様

シュタウファーヘッド+キルシュナーの弦はプレーヤーよりも、製作者の夢かも(笑)

シュタウファーヘッドのペグの価格も相当なものですけど、キルシュナーの弦もギター弾きの弦の値段の感覚からすると、想定外の価格ですよね(笑)

バイオリン弾きさんとかの感覚からすると「弦は1本それぐらいして当たり前でしょう」って感じなんでしょうけど。。

シュタウファーの力木を参考にするのはコスト的に負担はかからないから、最終的に輝さんの好みに沿えるのはそこだけかもです(苦笑)
matsu |  2011.11.10(木) 00:52 |  URL |  【コメント編集】

■今は使用しないので……

キルシュナー19世紀ギター弦あげますよ

多分3~4セットはあるかと

ちと古いですがテストには問題ないと思います

後、多分ハナバッハとアクィーラ(ナイルガット)もあったような

12月の山木将平君ライブでお渡ししますよ
輝 |  2011.11.10(木) 13:15 |  URL |  【コメント編集】

■輝 様

おお!!!ご好意、素直にお受けします(^^)

山木将平さんのライブ、這ってでも行きますよ(嬉)

よろしくお願い致しますm(__)m
matsu |  2011.11.10(木) 22:17 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |