2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2011.11.27 (Sun)

No.011 PARLOR GUITAR 指板の加工

20111111-1.jpg

無いと思っていた、ネックジョイントの写真発見。こんな感じでネック入れました・・・って、さっぱりわかんないですね(苦笑)

ネックが入れて、ヒールキャップが貼れたら、次はタテ鉋(台直し鉋)で、胴とネックの面をフラットに仕上げるんですけど・・・これも写真無い(-_-;)

(勝手に)気を取り直して、次の作業に進みます(^^)

20111111-2.jpg

で、指板に加工です。指板自体は以前PARLOR GUITARを作ったときにまとめてフレット溝を切ったローズ指板です。弦長は630mm、この段階ではまだRはつけていません。

何回も書いている通り、ボール盤の軸が激しくずれており、ボール盤でポジションマークの穴を開けると、激しくずれますので、ピンバイスを使って、直径2mmの穴を開けます。

20111127-2.jpg

ここで、指板の長さをぴったりに切断・・・この段階で切断したのは、切り落とすのを忘れていただけです、はい(^_^;)

20111111-3.jpg

大和マークさんで購入した白蝶貝のポジションマークを接着。ちなみに、同じ値段でもアバロンとかの方が(なんとなく)高級っぽく見えるんですけど、白蝶貝の方が見やすいので、私は白蝶貝を使うことにしています(蛇足)

20111111-4.jpg

そうこう言ってるうちに接着剤が乾いたので(料理番組風)、ヤスリでフラットに仕上げて出来上がり(^^)

20111127-1.jpg

ポジションマークが仕上がれば、ネックに接着。滑って位置がずれやすいので、しっかり位置を確認しつつクランプで固定します。。
EDIT  |  09:00  |  No.011 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |