2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2012.01.09 (Mon)

マーチン バックパッカー リペア(1)

昨日、予告しました(笑)、リペアシリーズ。第1弾(第2弾があるかどうかは不明)はこちら。



Martin/マーチン バックパッカー

昔、流行りましたね。黒澤楽器の楽天の商品とリンクした理由は・・・修理前の全形を取り忘れたからです(^_^;)

せっかくリンクを張ったのですから、お言葉に甘えて(いいよって言って貰った訳じゃないけど)、商品説明も引用。。

トップ : スプルース単板
サイド・バック : マホガニー単板
チューニングマシーン ゴトウ マーティンSP
弦長 : 24"(609.6mm)

もはや、トラベル・アコースティック・ギターの定番ともいえる“バック・パッカー・ギター”です。
小さなボディで手元での音量は小さめですが、遠達性があり透明度の高い音質で野外でもよく響きます。
弦長が短めですので、気軽に演奏できるギターとして多くの方に愛用されています。


さて、このバックパッカーですが・・・

20120109-2.jpg

ブリッジが浮いています。さて、ここで講釈(聞きたくないって・・・)。

リペアで大切なのは、着手前の観察です(上から目線)。原因の究明と、もっとも効率のいい修理方法を検討します。

原因の話は、次回以降に譲るとして(記事の都合上)、一番効率のいい(つまり楽な)修理方法から試してみます。

一番簡単な、修理方法は・・・そのままクランプで締めて貼る(笑)

20120109-3.jpg

試しに弦とか、ピンとか全部外してみまたところ・・・多少は戻った気はしますけど、クランプで締めたぐらいで治るレベルじゃありませんね(苦笑)

では、次回からリペアに入ります・・・しかし、治るのか!?
EDIT  |  09:00  |  ギター修理  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |