2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2012.02.04 (Sat)

シリアルNo.014 部品材について考える

「総ヒノキ造り」というコピーをつけてみたものの、「ヒノキじゃ無いほうがいいかも!?」ってところもギターにはあります。

例えば、指板、ブリッジのように硬さが欲しいところとか、同材で作るとアクセント不足かなと思うロゼッタとか。

パーフリングに関しては(入れるか入れないかまだ決めてないけど)、自分で0.5mmにして、染料で煮込んで染めるなんて技があるはずもなく、そこは大和マークさんの商品を買うしかないかなあと・・・シナを使ってるみたいだから、国産材かもしれないし(苦しい言い訳)

で、部品材です。

デザインとかを考えると、黒柿が一番いい気がするんですけど、単価が高いし、何より、材料供給者(貸与者!?)の意向に沿わないことは明らかかと(^_^;)

で、「硬くて、ブリッジとかに使えるいい材料、何か無いですかねえ!?」とグランビルの職員さんに聞いてみたところ、「今年は無いですけど、来年用にケヤキ切って乾燥させておきましょうか?」というお話が(^^)

これは、先々を見越して、ケヤキを使うしかないでしょう・・・ということで、早速購入しました。

20120204-1.jpg

この材から、ブリッジ、指板、ヘッドプレート、ロゼッタ、バインディング等々を2~3本分取る予定(欲張り)。
EDIT  |  09:00  |  No.014 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |