2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.03.16 (Fri)

シリアルNo.014 側板の整形2

側板の接着面が仕上がれば、実際に表板を置いて、ライニングが通る位置を転記。

20120316-1.jpg

側板に接する側のライニングの端を落としていないのは、ここの高さが無いと、とっても転記しにくいので。。

こういうのって、自分で失敗して覚えていくんですよね(^_^;)

20120316-2.jpg

ポイントが落とせれば、線でつないで、溝の位置を決め込んで、

20120316-3.jpg

ピラニアノコで切り込み。深さは約3mm、理由は多分前に書いたけど、バインディングに隠れる高さ以内に収めるため。

20120316-4.jpg

切り込めれば、ノミで切除。

20120316-5.jpg

こんな感じにできあがり。

20120316-6.jpg

全体的にはこんな感じ。。

表板のこの溝って、組んじゃうと、外からは全く見えないので、適当にやっちゃうことも可能は可能なんですよね。

だからと言って、いい加減に仕上げちゃうと、故障の原因になっちゃうし、なにより、リペアに出されたとき、職人さんに「こいつ、いい加減な作り方しているな」と思われるのが、何より悔しいし(笑)
EDIT  |  09:00  |  No.014 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |