2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2012.03.26 (Mon)

シリアルNo.014 バインディングの製作

さて、溝きりの準備ができたところで、次にバインディングを準備。

今回のヒノキギターのコンセプトは国産材のギターということにしていますから、バインディングも当然国産材・・・っていうことになると、自作する以外に選択肢はありません。

こういう作業のときはいつもかくお約束なんですけど、自作はお勧めしません。リスクに比べて(はっきり書くと、丸ノコで指を飛ばす危険)、メリットが少なすぎるからです。

もし本記事を参考に自作される場合、完全自己責任で行ってください・・・っとここまで書いても、upしないほうがいいのかあと、いつも思うんですけど、まあ、upしちゃいます(苦笑)

20120326-2.jpg

バンドソーで切り出したケヤキ材を自動カンナを使って、約6mmの厚みに。ちなみに写真の通り、バインディング材と一緒に指板材を切り出しています。指板材はちょっと・・・な木取りの仕方してるんですけど(材の都合)、詳細は指板製作の折に(笑)

20120326-3.jpg

バンドソーで切り出しているので、切断面がザクザク・・・カンナで側面の直線を出します。

ケヤキのカンナかけたときの感覚は、バサバサって感じかな。ローズウッドのしっとり感はないですね・・・これは苦戦しそうな予感がします(多分、後々書くことになるかと)。。

20120326-4.jpg

大和マークで購入したツキ板・・・さすがに自分で着色する気力まではなく・・・とケヤキを貼り合わせて、ケヤキ+黒+白+黒のバインディングを作ります。

20120326-5.jpg

この作業は簡単で、木工用ボンドを塗って、

20120326-6.jpg

手動プレス機で接着するだけ。

危ないのはここから先です・・・つづく。。
EDIT  |  09:00  |  No.014 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |