2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2012.04.16 (Mon)

PLAYER 2012年 5月号

ヒノキギターの記事が続いたので、ちょっと違うことも。


Player 2012年 5月号
注)写真引用の都合上、AMAZONの商品とリンクしています。以下、同様です。


発売されてからちょっと日にちが経ってるんですけど、PLAYER誌の特集記事に

20120416-1.jpg

「柳沢きみお 銘器コレクション」と題して、クラシックギターのコレクションが取り上げられています。

柳沢きみおと言えば、


翔んだカップル

某係長(歌って踊れる係長ではないです)ではないのが我々の世代(笑)

このまま話が進むと、脱線したまま「みゆき」とか「めぞん一刻」とかの話になってギターから離れたまま終わりそうなので、泣く泣く割愛(T_T)

PLAYYER誌に書かれている通り、この手の雑誌にこれだけクラシックギターが取り上げられることは殆どなく、貴重なので買っちゃいました。

20120416-2.jpg

個人的な好みでいうと、「ベルナベ」は掲載されていますが、「アルカンヘル」とか「バルベロ」とかが出てこないのが少し物足りないのですけど、有名どころの銘器は大概掲載されていて(さすがにトーレス、ブーシェは無いけど)かなりのコレクションって感じです。

フレタが4本もあるところなんて、「さすが稼いでるだけあるな」って思わせてくれます(笑)

クラシックギター専門誌ではないので、音についてはかなり浅めなふれ方ですけど、それでも銘器入門編としては、なかなかいい感じでは!?

相変わらず、紹介だけで何の落ちも無いんですけど、見ているだけで結構楽しめる特集だと個人的には思うんですけど、どうでしょう!?
EDIT  |  09:00  |  材料・道具・書籍  |  TB(1)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■私は立ち読みでしたが……

その記事を観ましたよ~

フレタは結構ハマるギターです

私も羽振りが良い時、フレタは2本所有した事がございます

個人的にはフレドリッシュも好きでしたね

フレドリッシュのちょっと洒落た音って他に無いよな気がします

鳴りはレッド・ゲート(ラティス)が好きでした
輝 |  2012.04.16(月) 13:55 |  URL |  【コメント編集】

■輝 様

いつもありがとうございます。

コレクションはトラッド系ばかりで、レッド・ゲートもスモールマンもトーマス・ハンフリーも無かったですね(笑)

しかし、フレタ2本持ってたというのはすごいてすねえ・・・フレタ1本で国産高級車買えちゃうぐらいするみたいだし(^^;

いつかはクラウンならぬ、いつかはフレタで(^^)
matsu |  2012.04.16(月) 15:37 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます
2012/04/16(月) 09:16:15 |
 | BLOGTOP |