2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2012.08.14 (Tue)

シリアルNo.016 ヒノキウクレレ モールド製作

たいしたことではないんですけど、以前は可能な限り毎日更新を心がけていたんですけど、7月下旬頃から、週2回更新程度に更新頻度を下げています。

理由は、「一つ一つの記事の内容がとても薄くなっている」こととか、「更新することが目的化して、更新に追われてしまっている」こととか、いくつかあるんですけど・・・

まあ単純に言うと、何のためにblogを書いているのか自分でよく分からなくなってきているってことなんですけどね(笑)

閑話休題。では、8月5日に無事お披露目も終了したヒノキウクレレ、ヒキレレの製作記スタートです(^^)

ちなみに、シリアルNo.の振り方はいつもいい加減なんですけど(真実)、既に着手したギター(ハカランダギターとか)もありますが、今回企画したUKULELEにNo.016をふっちゃいます(笑)


では、ウクレレのモールド作りから。ギターの時同様、私の制作方法では、モールドの精度がそのまま楽器の精度につながります。

ですので、モールドに楽器製作以上の精力をつぎ込みます(嘘)

まずは図面の入手。図面の入手方法は、「購入する」、「ネットから落とす」、「実測で製作」、「自由にデザインする」等の方法があります。

「ネットから落とす」例をひとつあげておきますと、STEWMACのFree InformationのSoprano Ukulele Kitのマニュアルの19ページに図面がついてます。

Soprano Ukulele kit Free Information

ちなみに、このキットはHOSCOのUK-KIT-5あたりと同一商品らしいです(噂)。

さすがに、将来の製作講座も視野に入れている中で、他社に著作権がありそうな図面を使うのはまずいので、私は使いませんでしたが、まあお気軽な図面の入手方法ということで、頭の片隅にでも置いていただければ。

何らかの方法で図面を入手したら(実測が一番現実的かも)、まずはテンプレートを一枚作成。

テンプレートが、モールドのすべての基準になりますので、テンプレートに全精力を費やしましょう(笑)

20120814-1.jpg

テンプレートができれば、ベニヤ板に形を転写して、

20120814-2.jpg

テーブルソーでラフに切り出します。

先にラフに切っておくのは、そうしとかないと、トリマーのモーターが焼けちゃうので、ルーターならパワーがあるので不要な作業なんでしょうけど(ちなみにルーターも持っています)、トリマーの方がビットが安いので、トリマーを使用しています。

ラフに加工できれば、ベニヤ板にテンプレートを両面テープで貼り付けて、更にクランプで固定して「絶対動かない」状態にします。

20120814-3.jpg

トリマーにすそ払いビットを装着して・・・あとは機械任せ(笑)

20120814-4.jpg

1枚加工できれば、次にラフにカットしたベニヤ板を木工ボンドで貼って、接着剤が乾けば同じ作業を繰り返し。

詳しいやり方は、楽器をつくるその先にのチャドさんがモールド製作の記事で詳しく掛かれてますので、そちらをご参考に(丸投げ)

20120814-5.jpg

で、接着できれば、不要な余白を切除して、こんな感じにできあがり。

見た目でチャドさん作のモールドと明らかに違うのは、穴が一杯あいてること。

これは、表板と裏板を貼り付けるのに、スプールクランプを使う予定なので、それを通す穴です・・・実際は使わなかったけど(^^;

最近の製作記を見ると、表板と裏板を貼るのにクランプを使う方が多いように思うのですが、私がギター製作を始めた頃(2000年頃)はスプールクランプが主流でした。

私は、初期はクランプを使っていましたが、最近はすっかり手動プレス機頼りです・・・だってすごく楽なんですもの(^_^;)

ちなみに手動プレス機は自作ではなく、師匠から物々交換で譲っていただいた物なので、構造はよくわかりません(苦笑)

話がそれましたが、クランプは案外高いので(昔はダイソーで売ってたのに・・・今でもダイソークランプを使ってる人を結構みかけます)、製作講座を視野に入れて、簡単に量産できるスプールクランプ方式を選択したことを申し添えます(^^)v

20120814-6.jpg

蛇足ですが、モールドのお尻はこんな感じに蝶番で止めて、開閉式にしています。

P.S.

読売新聞の記事から、ザ・ヒノキーズ(^o^)
EDIT  |  09:00  |  No.016 ヒノキウクレレ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■お世話に

なっております(汗
ご紹介していただいて恐縮です。もうちょっとちゃんと書いておけばよかった;;

新作ではMDF材で型を作ってます。扱いやすくて物凄く楽です!

新しいウクレレ楽しみにしています~(あとハカランダギター
nagasaka |  2012.08.14(火) 10:39 |  URL |  【コメント編集】

■nagasaka 様

こちらこそ、勝手にお世話になっています(笑)

ベニヤ板は狂いが少ないっていうメリットがある反面、毛羽というか欠けというかが激しくて扱いにくいことこの上なし(--;)

次にモールド作るときは、さっそく新素材試してみなくっちゃφ(..)
matsu |  2012.08.14(火) 12:38 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |