2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2012.08.18 (Sat)

シリアルNo.016 ヒノキウクレレ 材の切り出し

ウクレレ第2回目は、材の切り出しです。

実際には必要な時々に切り出しているのですが、それではわかりにくい気がしますので、今回は今までの手法と変えて、切り出しをまとめてupします。

20120817-0.jpg

元々の材料はこんな感じの板材です。

先に書いておきますけど、電動工具はとっても危険です。大怪我した人を何人も知っています(それも殆どの方が、作業に手馴れているはずのプロです)。

アマチュアとすれば、あくまでも楽しみとして製作しているのですから、怪我をしてしまったら、楽しい時間がぶち壊しです。

ですので、できれば機械は使わない(時間と労力さえかければ、大抵の作業は手道具で加工できます)、使うときは怪我するかもしれないという覚悟を持って、自己責任で行ってください。

本blogを参考に作業して、怪我されても一切責任は持てません・・・いつも思うんですけど、そんな当然なことでも書いておかないといけないのが、ちょっと悲しい。。

さて、気を取り直して本題に戻ります。

20120817-1.jpg

まず、どんな感じで木取りするか鉛筆で書き込んで、バンドソーで解体していきます。

20120817-2.jpg

バンドソーは一見安全そうですが、大怪我をした話をいくつか聞いていますので(人差し指と親指の間を根元まで切っちゃうことがあるそうです)、注意が必要です。

20120817-3.jpg

自動カンナで厚みを出します。

自動カンナはバンドソー、テーブルソーと比べるとまだましですが、それでも指を挟んだり、服等が巻き込まれたりということが有りますから、油断してはいけません。

ちなみに私は材と送りのローラーの間に指を挟んで、痛い思いをしたことがあります(実話)。

20120817-4.jpg

こんな感じに、4枚の板が取れればOKです。

厚みは2mm強だったと思います。材を切り出すときは、サンディングなどで減る分を念頭に置かないと、仕上げてみたら厚みが足りなくなったということになりかねませんので、ご注意を。

20120817-5.jpg

2枚は表板と裏板。ブックマッチにしないのでこのまま使います。

20120817-6.jpg

あと2枚は、こんな感じに木取りして、側板とライニングを取ります。

20120817-7.jpg

細かい話を書いておくと、私の場合(あくまでも私の場合であって、絶対にという話ではありません)、ギターの側板とライニングは木目の取り方が違います。ウクレレはそこまでは考えなくてもいいかと気楽に考えて、側板を取った残りからライニング材を取っています。

また、側板を取った残材からブリッジプレートも確保したのですが、写真は撮り忘れています。。

20120817-8.jpg

表板、裏板、側板をとった逆側からこんな感じに角材を取ります。写真は1本ですが、実際には2本取ります。

20120817-9.jpg

片方からは、ヒールブロック、エンドブロック、あと写真には写っていませんが(撮り忘れ)、力木を確保します。

20120817-10.jpg

もう1本はこんな感じでネック材にします。厚みが少し足りませんので、あとでヒールを貼っています。

20120817-11.jpg

さて、こちらは芯材です。普段は硬くて余り使い道がないので、あて木に落としてしまうのですが、今回はこれも使います。

20120817-12.jpg

硬さが必要な部分、まずはブリッジ。写真はカンナで大きさを整えているところです。

20120817-13.jpg

更に、指板材。これはテーブルソーで切り出しているところ。

テーブルソーも怪我の危険が多々ありますので(指飛ばしたり・・・)、できれば手ノコで切り出して、カンナで整形するのがいいと思います。

特に私のように、安全カバー外して使うのは、決してやってはいけないことです(マニュアルにもそう書いてある)。絶対に真似しないで下さい。

蛇足ですけど、テーブルソーは直モーターで音や振動も大きいので、いかにも「怖い」って感じで慎重になるのですが、昇降盤とかベルト駆動の機械は音が静かなので、恐怖感がない分、却って危険な気がします。

こんな感じで、うまくいけば、1枚の板で1本分の材が確保できます。

ウクレレって経済的で環境に優しい楽器なのかも(^^)b
EDIT  |  12:00  |  No.016 ヒノキウクレレ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |