2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2012.10.27 (Sat)

温故知新!?

製作記を全然upしてないのですが、シリアルNo.010はネックを既に入れておりまして、



ヒールレス仕様(完全に無いわけじゃなくて、薄いだけですけど)

これ、実はパクリ・・・じゃなくて(訂正・・・言葉には気をつけましょう)、


Guitar Gallery [KISO KLEIN OMK-1]


KISO-KLEINのデザインにインスパイアされたものです。

写真はGuitar Galleryの商品です(SOLDだけど)。リンクを貼ることで販促に協力している感じで著作権見逃してもらおうという姑息な作戦です(苦笑)

Kiso-Kleinのヒールは貼りみたいなのですが、シリアルNo.010はヒールは薄いけどちゃんとダブテイルです(意味不明)

いろいろご意見もあろうかと思いますが(特に強度かな?)、メリットは何と言っても、



カッタウェイ無しでも、19Fまで楽々指が届いちゃう(個人差があります・・・通販コマーシャル風)

今、流行の仕様もいいんですけど、今は主流ではないこんなデザインを採用できるのも採算度返し(売れなくても飯が食えなくなるわけじゃない)のアマチュア製作家ならでは(自慢にならない)。


で、ここから先は完全に個人的趣味になるんですけど、他にも衝撃的だったけど、主流にならなかった仕様って結構あると思います。

例えば、Washburn「ヌーノモデル」のアコギで採用されていたヒールレスネック。

20年以上前の商品だと思うんですけど、余程売れなかったのか、ネット上で画像見つけられませんでした(苦笑)

ヒールレスと言えばBaby Taylorが思い浮かぶんですが(確か指板側からネジ止め)、


Legacy Music [Baby Taylor Acoustic Guitars]


これがヒールレスなら、ヌーノモデルは、ヒールブロックレスと言っても過言では無い衝撃仕様でした(想像して下さい)


あとフェンダーのエレアコ、これも20年以上前の仕様のエルボーカット。


YAHOO!オークション [Fender VS-3TL]


これはyahooオークションに出ていました(一安心)

最近アコギで流行のエルボーカットではなく、肘があたる部分がストラトキャスターみたいに斜めに加工されています。

このエルボーカットが音響的にどうかというのはさておき、エルボーカットが一般的でなかった当時、その抱えやすさは衝撃でした・・・まあ音の割りに割高だったのと(言ってはいけないことなのかな!?)、フェンダーのヘッドがアコギらしくなかったので(当時はAPXの長渕剛モデルが発売される前)、買わなかったんですけどね(苦笑)

どうやって表板を曲げているんだろうと、当時はその技術に驚いた・・・のも、ボウルバックマンドリンのトップの曲げ方を知ってしまった今では、懐かしい思い出です(笑)

他にもいろいろ消えていった(個人的に)衝撃を受けたモデルはあったと思うんですけど、こんな消えたアイディアを集約したモデルを自作したら・・・一部の人だけに馬鹿受けかも!?

コンセプトは「売れなかったけど、インパクトのあったアイディア集約モデル」(長っ!)


しかし、現実には、



シリアルN.010も仕上げないといけないし(写真は南京カンナでネックを整形中の様子)、



シリアルNo.017(仮番)のケヤキ+サクラのギターもよやく側板を組んだところだし(写真はブロックの面出しを終えて接着前の様子です・・・これも全く製作記をupしてませんね)、ヒノキギター第2弾も構想中だしと(ヒノキ4枚接ぎ合わせで、ドレッドノートあたりのサイズを作ろうかなと)、なかなかそこまで手が回りそうもないんですけどね(--;
EDIT  |  09:00  |  私の雑記帳  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます
2012/11/04(日) 11:39:16 |
 | BLOGTOP |