2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2013.02.09 (Sat)

最近のこと

製作記ずっと停まったままのに、雑記ばかり更新しています(苦笑)

何せ、更新怠けてたので、それなりにネタもあるので。

さて、今回は私の作った楽器の話。

三重県では、ザ・ヒノキーズさん、ラモシオンさん、イケヤマアツシさんにステージ等で弾いていただいていたのですが、



動画は、ザ・ヒノキーズの堀木さんの演奏

今回、縁あって関東進出(笑)・・・プロギタリストの笹久保伸氏お使いいただいています(拍手)



音源は、笹久保伸氏演奏によるJ.S.Bach「BWV996」

これが永久保存版(個人的に)のmatsuのギターを使った演奏です(感涙)

氏曰く「小型チェンバロのような音がする」・・・ありがとうございます(感涙×2)。。

No011.jpg

シリアルNo.011 Parlor Guitar

お弾きいただいているのがこちらのギターです。



楽器me.【速報】TOKYOハンドクラフトギターフェス2012 (松ギター堂 編)

何度も自分でblogに張ってる動画ですが(笑)、このオーバルホールのParlor Guitarです。

っで、最近思っていることなんですけど、私の作ったギターって、殆ど自分の手元に残っていなくて、プレーヤーさんの手元に行っているんですけど、楽器は音を奏でるために生まれてくるのだから、こうしてプレーヤーさんの手元に納まって、音を奏でてもらっているのは最高に幸せなことだなあと。。

それから、まだそんなにたくさん作ってないので、全部の楽器を思いだせるのですけど(笑)、どの楽器も自分自身の音を一番活かしてくれるプレーヤーの手元におさまってるんですよね・・・まるで、楽器自身がそのプレーヤーが自分を選んでくれるのをずっと待ってたかのように。。

いつも話が長くて恐縮なんですけど、あとひとつだけ。

「NUMBER ONE」ではなくて「ONLY ONE」であることが、楽器を作るうえでは最も大切なのかなと。。

っで、締めはお約束のこの曲で(笑)



槇原敬之「世界に一つだけの花」
EDIT  |  16:00  |  最近の出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |