2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2013.03.31 (Sun)

No.015 19世紀ギター風ナイロン弦ギター 完成まで

今日で3月も終わり、明日から4月です。

そろそろ、製作記とかも仕舞いしていかないと。。

ということで、本日でナイロン弦ギター製作記、完結させます(^^)

20130104-01.jpg

以前、少しふれたヘッドプレートの張替え。

スポルテッド・メイプルが余りにも脆く、綺麗に仕上がらないので、カンナで削り取って、ホンジュラス・ローズウッドを接着。

20130104-02.jpg

電動ドリル、ノコギリ、カンナ、小刀等を駆使して、ヘッドの形にそろえます。

前述の通り、染めた薄板は挟まず、ローズの板だけを接着した鉄弦仕様にしています。

20130104-03.jpg

整形後、面取り。ヘッドだけでなく、胴とかも面取りしています。

たかが面取り、されど面取りです(意味不明)

最近は、全体の仕上がりの良し悪しより、面取りに品があるかどうかの方に目がいってしまう私です(本末転倒)

20130104-04.jpg

面取りができれば、塗装面のペーパーの傷などを取って、マスキングして、塗装準備完了。

今回は、ブリッジも塗装するので、マスキングは指板部分のみです。

前にも書いたと思いますが、クラシックギターはブリッジに塗装するのが基本です・・・OvationとかTaylorとか、ブリッジを塗装していないナイロン弦ギターも結構ありますが。

20130104-05.jpg

塗装時の写真って、両手ふさがっているから、全く取れないんですよねえ(苦笑)

サンディングシーラー吹き終えました。

ローズウッドと異なり、メイプル、セドロには目立った導管がなくて、塗装は楽です(笑)

20130104-06.jpg

シーラーが乾けば、サンドペーパーで落とします。

20130104-07.jpg

ラッカー塗装の写真は、全く撮ってませんでした(汗)

まあ、絵的にはシーラーの塗装と殆ど変わらないので、同様ということで(苦しい言い訳)

ラッカーが乾けば、耐水ペーパーで塗装の凸凹をとっていきます。

そうそう、ラッカー塗装の後は十分に乾燥時間をとる方がいいです。乾燥が不十分なうちに磨き出すと、綺麗に仕上がりません(経験則)

20130104-08.jpg

塗装が整えば、コンパウンドで磨きます。

磨き上げると木目に立体感が出てきます。

20130104-09.jpg

ここから、さらに端折っていきます・・・っていうか写真殆ど撮ってないので(^^;

ペグを取り付けて・・・ペグはGOTOH製、国産にもかかわらず、アメリカ(STEW-MAC)でまとめ買い(3個)する方が安く買えます。

ちなみにアコースティックギターのペグ(GOTOH)もSTEW-MACで3個まとめ買いしたものです。

20130104-10.jpg

弦は輝さんから頂いた、キルシュナーのナイルガット弦。

お値段調べてびっくりの高価な弦です(感謝)

ちなみに、アクィーラのナイルガット弦も頂きました(重ねて感謝)

ナイルガット弦はファンブレーシングのギターを鳴らすには少し力(張力)不足の感はありますが、プロアルデ等のナイロン弦を張ると、音はいいんだけど、テンション強すぎて胴体が歪む(苦笑)

TODA GUITARSさんが、「小ぶりなナイロン弦ギターは張力との戦いです」とおっしゃてたそうですが(伝聞)、正にその通りです。

追記

試してはいませんが、プロアルデにライトテンションのナイロン弦があるようで、それなら胴かかる負担は軽減されるかもしれません。

また、同じナイルガット弦でも、ロイヤルクラシックスの弦の方が本器とは相性がよいようです。

しかし、ナイルガット弦はお高いので、維持費は倍近くかかりますね(汗)

20130104-11.jpg

弦が張れれば、ナット、サドルの高さを調整します。

通常は仮弦(1セット300円ぐらいの弦)を張って調整するんですけど、ナイルガット弦はどの程度の弦高を取ればいいのかわからないので、思い切っていい弦(貰い物だけど)を張って調整しました。

最終的には、6弦12Fで4.5mmと、ナイロン弦より高めにしました。

20130104-12.jpg

で、完成・・・たまたま帰郷していたヒノキギターと並べての記念写真を撮りました。

肝心の音の方は・・・かなりいいですよ、手前味噌だけど(^^;

しかし、同じ型から作ったのが丸分かり(苦笑)

そろそろ、新しい型作らないといけないなあ。。

ナイロン弦ギター完成させたのは初めてだけど(途中で挫折したものが1本・・・解体して、本器の表板とシリアルNo.010のサイド・バックになりましたが)、なかなかいい出来だったので、次はモダンサイズのナイロン弦を作りましょうか!?
EDIT  |  09:21  |  No.015 19世紀ギター風ナイロン弦ギター  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

かねてから注文を受けていた、
幾つかの製作案件が、
次々と完成して、
一段落したかと思ったら、
また、どこかしこから、新たに、
製作案件が舞い込んできたのでしょうかね。
もしそうだったら、4月に入ってからも、
しばらくは製作、製作、また製作の、
日々が続きそうなのでしょうか???
Que |  2013.04.04(木) 23:29 |  URL |  【コメント編集】

■Re:

お返事が遅くなり申し訳ありませんm(__)m

正確には遅作の上にご注文が二本あるにも関わらず、もう一本自分の趣味で作っているもので、めっきり手一杯な状況です(^^;

まあ、そんな機会は希望してもなかなか来ませんから、何とか時間をやりくりして製作しているところです。

まだ体力は続きそうですので、もうしばらくは不休不眠でがんばります(^^)v
matsu |  2013.04.10(水) 22:03 |  URL |  【コメント編集】

自分の趣味で作っているのは、
完成したのでしょうかね???
その後もさらに、注文が舞い込んでいるのでしょうね。
そうなると、matsuさんは、
これからも、ゴールデンウィーク返上で、
製作を続ける日々が続くのでしょうか。
ブログの更新も、製作記以外のカテゴリは、
しばらくできないでしょうかね。
Que! |  2013.04.25(木) 20:58 |  URL |  【コメント編集】

■Re:

Que様

お返事が遅れ恐縮ですm(__)m

とりあえず梅雨前までは、納期に追われる日々です(^^;

作り手としては嬉しい悲鳴というやつですね。

製作家の方々のホームページやブログの更新がだんだん減ってくる理由がわかり始めた今日この頃です。。
matsu |  2013.04.28(日) 10:13 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |