2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2013.07.02 (Tue)

シリアルNo.010 完成

2010年11月に着手したシリアルNo.010ですが、2年8ヶ月の時間をかけて(殆ど放置していたのですが・・・)2013年6月30日にようやく完成しました。

既にシリアルNo.N.019まで完成しているのですから(ただし、013は製作中止、018は2013年7月完成目処に鋭意製作中)、何ともかんとも(苦笑)

製作記の方も、2012年2月の記事(箱にしたところまで)で停まっていまして、続きの製作記書けるほど写真が残っているかさえ怪しい(--;

そこで、製作記は「いつかupするかも」と先送りして、ギターの紹介を。。



表板は、シダーにシャム柿のロゼッタを入れました。

指板は黒檀、ヘッドはシャム柿、ブリッジはホンジュラスローズと手持ちの良さそうな材を適当に使っています。



裏板はローズウッド。

以前にも書きましたが、2003年にクラシックギターを製作し、途中で挫折した胴を使用しました。

諸事情により(後述)、自分用のギターにすることにしましたので、コンパウンドを使わずサテンフィニッシュに留めました。

導管もいくつか埋まっていないのですが(殆どはシーラーで埋まっていますが)、自分で使うなら気にしなくていいか・・・ということで妥協です(フィラー等を使わずシーラーやラッカーでひとつずつ穴を探して埋めていくスタイルですので、結構手間がかかるんです)。


さて、肝心の音のほうですが・・・気に入っています(^^)

自分で音源をupできないのが残念ですが。。

ただねえ・・・



裏板にひびが(--;

押しても動かないし、叩いても異音はしないので、貫通した割れではないみたいですけど、例え修理したとしても、流石にこれでは人様に譲れない(涙)

ということで、工房での試奏用ギター確保です(苦笑)

P.S.

先日のblog記事で御紹介させていただいた、シリアルNo.019 PARLOR GUITAR(尾鷲ヒノキtop、クスノキside/back)について、楽器のお店「ラモシオン」さんから、「売れました」とご連絡いただきました。



今回のデザインは好評でしたので、一部変えて(ペグをノーマルなギア式にして、ブリッジの形をデザインを変える予定です)また製作する予定ですので、その折はよろしくお願い致しますm(__)m
EDIT  |  17:33  |  No.010 PARLOR GUITAR  |  Top↑
 | BLOGTOP |