2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2018.12.31 (Mon)

表板の製作~その1

DSC_0607.jpg まだ1月1日になっていませんが、気が向いているうちに作業を始めることにして、図面を描いてみました。サイズはパーラーギターサイズにして、"α"のデザインをベースにとりあえずサウンドホールからカッタウェイのあたりのデザインから。

 あくまでもinspiredでcopyではないので、私の技術的に可能な範囲に留めています。力木は今のところ決めていませんが、本家はカーシャらしいです。カーシャ・ブレーシングも実は私は浅からぬ因縁(っというほどでもない)があるのですが、それはまた別の機会にでも。ちなみに第2サウンドボードも内蔵してるそうですけど、雑誌の写真と簡単な説明文からだけで、とても再現できないので割愛します。。

DSC_0610.jpg 表板は、こちらのサウンドホール用の下穴が二つほど開いてる"as-is"なシダーtop材を使います。アメリカから入手した、マーチンのアウトレットっぽい材です。訳アリ品ですが、なかなかいい材料です。できれば、接ぎ合わせは自分でした方が安心なんですけど、まあ大丈夫でしょう(多分)。

 早速、設計図を表板に転写・・・なんとか、"as-is"な下穴は外して表板をとることができました。ブックマッチに割って、厚みを出して、接ぎ合わせするという工程をすっとばしたので、かなりの時間の節約になりました(笑)


内田 光広 U-HLC 1990s アップル・ギターズ


 鈴鳴りともいわれたマーチン系の音と違う、金属的な音。それは、ある意味、スペインのクラシックギターの低音の響きに通じるものがあるような気もします。硬い低音と柔らかい高音。矛盾しているかのような表現ですが、それが私の理想の音です。
EDIT  |  23:45  |  No.035 10th anniversary model  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |