2019年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2019.01.17 (Thu)

側板の製作〜その2

DSC_0728.jpg 厚みが出れば、サイズを落としていきます。PARLOR GUITARサイズですので、長さは低音側650mmに落としました。

 高音側は、フローレン・カッタウェイにしますので、所定の位置で切り落としました(長さ忘れました)。

 胴も薄めに仕上げますので、とりあえず85mm+アルファにテーブルソーで切り落としました。


DSC_0730.jpg ギターはネック側の方が薄く、エンド側の方が厚くなっているのが一般的だと思います。そこで、カンナを使って側板をテーパーに仕上げていきます。

 厳密にいうと、くびれ部分を中心に、ヒール側は角度がきつく、エンド側は角度が緩くなります。そこまで考えて側板を加工する方もおられます。

 どちらが絶対に正しいという訳ではなく、人それぞれの範囲だとは思います。

DSC_0734.jpg 仕上がりはこんな感じです。面と面が隙間なくぴったり合うのがベストですが、どっちみち削ることになるので、左右対称ならある程度の隙間はOKです。

 ただし、左右のバラツキは仕上げに影響が出る場合があるので、左右は合わせておく方がいいです・・・まあ、いくらでも後で調整できるんですけど、合わせておく方が後の作業が楽になります(笑)。


2018 Somogyi OM, Brazilian Rosewood/European Spruce


 ぼちぼち作る系の動画も一区切りにして、ハンドメイドギターの動画を上げていきます。ドルフィンギターさんを始め、日本のギターショップさんも動画を結構あげてくれているのですが、私個人的に、海外の手工ギターの扉を開いてくれた、Dream Guitarsの動画を上げていきたいと思います。

 個人輸入の頃から(笑)、Elderly InstrumentsMandolin BrothersでMartinやGibsonばかり見ていた私に、とんでもなく高価なハンドメイドギターを教えてくれたDream Guitars。

 あまりにも高価で、購入という形では恩返しできませんでしたが、紹介という形でささやかに恩返し。前置きが長すぎたので、1本目は、説明不要のSomogyiギターにしておきました。
EDIT  |  20:33  |  No.035 10th anniversary model  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。