2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.04.25 (Wed)

もう少しウクレレの資料を探してみる

 Stewart-MacDonaldのページは検索したのですが、もう一方の有名どころ、LMIはどうでしょう!?っていうことで早速ホームページをのぞいてみました。

 ここは左上のメニューからプルダウン式で探していくタイプです。メニューの一番下、「Books Plans」から「Plans Other」を選択して・・・一番下に「Ukulele Plans」がありました。

Ukulele Plans 直リンクです

 図面を4種類販売していて、翻訳するとこんな感じかな!?大勢に影響無さそうな部分は省略(^^ゞ

PL51 ソプラノウクレレ 弦長は13.5inch(13.5×25.4=342.9mm)
PL53 マーチン 初期のStyle 1 弦長は13.625inch(346.08mm)
PL61 C. Bruno テナーウクレレ 弦長は17inch(431.8mm) Spanish heel
PL62 コンサートウクレレ 弦長は14.75inch (375m) 

PL51、PL53、PL62は機械技師(!?)のScott Antesが図面を描いています。PL62には2ページの細かい説明がついてます(だからちょっとお高いの)。綺麗に描けていて、とってもよくできてるの(意訳し過ぎ!?)。
 PL61はD. Henry Wickhamが描いた実寸大の図面です。 Mr. Wickhamの「Ukulele Design and Construction」(うちの店でも売ってるよ) に準拠していて、作業の様子を写真で見ながら作れるから、一緒に買うととても便利よ(そんなことまでは書いてない)。
 それから、PL61とPL62は「Spanish heel」になってるよ(スペイン式ネックジョイントのことかしら!?)。

 っで、PL61のご本は昨日書いた本です。結構メジャーな本みたいですね。ちなみに「Ukulele Design and Construction」のお値段は、Stewart-MacDonald、LMIどちらも$24.95・・・定価販売ですね(^^ゞ。図面とセットで買うとStewart-MacDonaldが$2割引、でも図面自体はLMIの方が10セント安いですね。そこで別の手口を。。amazon.com(アメリカのamazonのことです)で検索。

Ukulele Design and Construction

 $16.47(34%引き)でした。アメリカのamazonで買う方法とかは、きっとちゃんとupされている方がいると思いますので、一度調べてみる値打ちはあるかも!?せっかく本探し始めたのだから、もう少し脱線して、ギターの製作本とかも調べてみますか(^o^)
EDIT  |  12:59  |  材料・道具・書籍  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。