2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2005.11.21 (Mon)

バイオリンにまつわるテレビ

 せっかくですのでバイオリン系の話題からもうひとつ。テレビで見たことでいろいろと・・・。

1.中学生の頃に
 当時はニューミュージックブームで、夢中になって聴いていた「さだまさし」のバイオリン。楽器自体に興味は有りましたが、バイオリンと言えばクラシック、クラシックといえば堅苦しくて退屈みたいなイメージがあって、自分の範疇の外って感じでした(^^ゞでもテレビで見た東大寺コンサートのラストの「まほろば」のイントロのバイオリンは迫力あったなぁ。。


さだまさし「夢供養」


2.10年ぐらい前に
 クライズラー&カンパニーを偶然テレビで見ました。葉加瀬太郎がサイレントバイオリンを弾いていて、サイレントバイオリンって楽器を見たのも初めてだったけど、自由に、動き回りながらバイオリンを弾く姿と、クラシック(ビバルディの四季"春"だったかな!?)らしからぬPOPなアレンジにこの人天才!!!って思いました。


クライズラー&カンパニー「フォルテシモ」

3.海峡を渡るバイオリンで
 最近っていっても結構前だと思うんですけど、テレビで「海峡を渡るバイオリン」を見て感動(T_T)。ただ、バイオリン製作自体にあんまり踏み込んでいない(まあ、ドラマなのでそこまでマニアックになっても仕方いないんでしょうけど)のは不満ではあるんですけどね。確かにニスは命かもしれないけど、ニス以外にも全体の形のことや木の材質、接着剤のこともあるし、木工のこともあるし、製作工程や工具、モールドのこともあるし、コンチュウの位置で微妙に音がかわることや弓だけでも百万円以上するのも有る程奥が深いのに、独学ならその辺の試行錯誤もかなり興味あるのに省略するなぁ!!!って思うのは邪道!?


草なぎ剛 主演「海峡を渡るバイオリン」

4.ストラディバリウスで
 そう言えば、NHKだったと思うんですけど、若手演奏家が自分の一生涯使うスララディバリウスを探しつづけるみたいなドキュメントを見ました。それもなかなかおもしろかったと思いましが、やはりテレビ番組は一般向けですので、少しマニアには物足りないかな!?余談ですが、日本で著名なバイオリン製作家が育たないのは、楽器の鳴り云々ではなくて、自分の作った楽器より鳴らないイタリア製が、自分の楽器の10倍もの値段で売れているのを見ていると、作る気が無くなるって複数の方(直接聞いたり、ネットで見たり)がおっしゃってました。本当かどうかはバイオリン演奏家ではないのでわかりません(ーー;)
EDIT  |  12:08  |  私の雑記帳  |  CM(1)  |  Top↑

*Comment

■コメントありがとうございましたぁぁぁ!!!

自分で楽器作られてるなんて凄いと思って、そのことを記事にして、ここまでしたならトラックバック残しておこうかと思いまして…
わざわざコメントまでありがとうございました!(感謝

で、トラックバックの方法ですが…
相手のトラックバックしたい記事を選択して、一番下の方にあるトラックバックURLというのをコピーして、それをトラックバックしましたよーって伝えたい記事の、下の方にあるトラックバックの送信先というところにペーストすればOKです!

…!
長々と失礼しましたっ!!!(汗
刹那 |  2005.11.21(月) 17:51 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |