2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2007.10.02 (Tue)

材料について③

 今回アイチ木材加工さんとの始めてお取引になりましたので、少し時間がかかってしまいました。電話で済ませば一発かもと思って電話でやりとりも1回したのですが「詳しくは工場の者に聞かないと」ということで、電話でもメールでもたいして差が無いことが判明。っで、メールで、そのやり取りを一部公開。

★1回目★
 ホームページに「当社では基本用材の他に下記の商品も取り扱っております。こちらは仕入れ状況によって扱う商品も個数も変わりますので、在庫がなくなり次第販売を終了いたします。予めご了承ください。なお、こちらの商品へのお問い合わせ・ご注文は、メールか電話にて直接お願いします。」との記載があったため「セミアコ整形済み合板在庫はありますか?お値段は?」と質問を入れる。  その日に「注文生産ですので、在庫はありませんがオーダーを受ければ製作します。値段はオーダー内容により異なります」との返事有り。

★2回目★
 「どうオーダーすればよいのか分からないので教えてください」と質問。「基準構成が表0.6/ラワン1.5/メイプル0.6/ラワン1.5/裏0.6で、表と裏に使う材の種類によって価格が違います。基本的にはスプルースで甲板3,500円/枚です」とのお返事。

★3回目★
 「フレイムメイプル/ラワン/メイプル/ラワン/フレイムメイプルで表、横、裏整形済みを発注します」とメールする。連休明けに来たお返事が少し細かくなりますので箇条書きで。
・横板は曲げる機械の都合上、表/ラワン/表の3Pしか加工できません。
・メイプルのグレードにより価格が異なります。グレードの指定をお願いします。
 AAAAA
表甲4,500円5,000円5,500円
裏甲4,500円5,000円5,500円
3,500円4,000円4,500円


 ちょっと長くなりましたが、AAAならセットで15,500円。AAなら、14,000円。AAぐらいでいいかなとも思いましたが、再度質問。

★4回目★
 「材の構成をAAAフレイムメイプル/ラワン/メイプル/ラワン/メイプル(杢無し)にできるでしょうか」と質問。「表甲・裏甲5,000円/枚、側4,000円/セットです」との返事。
 裏板はfホールから中が見えるので、表裏同じの杢入りに、表・側は裏がほぼ見えないので、杢無しにと決めて、発注。

★5回目★
 「表と裏の材質を変えると、変形する恐れがあります。当社としては同一材を使用することをおすすめします。また、表面材は1P、センター2Pのどちらかになります。指定をお願いします。」とのメールが届く。余り合板は詳しくないため、おすすめの通り「表裏ともAAAフレイムメイプルでお願いします。また、表面材はセンター2Pでお願いします」とメールする。

 一応ここれで完了かと思います(^^ゞ。お値段は5,500円(表甲)+5,500円(裏甲)+4,500円(側)=15,500円(送料等別)になりました。ES-335を見ると表はメイプルの板目(合板)を使っているようですので、無理にフレイム(カーリー)メイプルを使う必要もないと思うのですが、単板ほど金額の差は無いので(アコギ単板なら価格差20,000円)見た目豪華な方を選んでみました(^o^)。

[用語の私的解説]


フレイムメイプル
写真はGibson Les Paul
 フレイムメイプル、カーリーメイプルetc.呼び方は数種類ありますが、横に杢のはいったメイプル材を言います。フレイムメイプルはヨーロピアンメイプル、カナディアンメイプルが主に使われており、写真のレスポールのメイプルはカナディアンメイプルのようです。

 カナディアンメイプルとヨーロピアンメイプルを比較すると、相対的にカナディアンの方が黄色が強いように思います。価格的には相対的に(個体差による価格差が大きいため)ヨーロピアンメイプルの方が高価です。また、杢については、均一の方が価格が高く、2Aクラスになると粗い杢になってきます。また、ギターなどは細かい杢の方が美しく好まれる傾向がありますが、チェロ等の大きな楽器になると細かい杢は却って見栄えが良くないそうです。またメイプルにはキルトメイプル、スポルテッドメイプルなどもありますが、それはまたの機会に。

[参考リンク] 
Acoustic Festival

 2007.9.29~30に開催されたアコースティックフェスティバル、次回開催は2年後。既に終わってしまったイベントを紹介するのもあれなのですが、2006年からセントレア(以前は刈谷)で開催されているアコースティックファンフェアの無い年に開催されています。

 私は2003年に行ったのが最初で、その時はかなり盛況だったのですが、年々来場者も出品者も減少傾向気味。関東で手工ギターの展示会が開催されるようになり、関東からの遠征組が減ったり、楽器フェアもそのあたりにあってイベントがかぶって参加者が分散されているようで。関西拠点の私としては、思い入れの強いイベントなので、寂しい限りです。

EDIT  |  00:00  |  No.002 セミアコ風エレアコ  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |