2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2009.09.29 (Tue)

気分転換、心変わり

 妄想は、聞く方も話す方も、3日以上続けると疲れてきます。そこで、2日続けては1日違うネタを挟んでというパターンで進行しています(^_^;)

 最近、blogのテンプレート入れ替えて、別blogの【PARLOR GUTAR(パーラーギター)を作ってみる】のプラグインの配置を移植しました(リンクはまだ移植しきれていない)。

 それで、横にamazonの書籍の写真をマイショップを利用して並べてみましたが、結構雰囲気出てると思いません!?これだけ並べて、実際に中身を見たことのある本は3冊だけなんですけどね(^^ゞ。持っているのが「メイキング・マスター・ギター」と「The Guitar Maker's Manual」の2冊に、中身を見せてもらったことのあるのが「スペイン式クラシックギター製作法」。

 読み物としては「メイキング・マスター・ギター」がいいと個人的には思います。製作マニュアルとしては・・・その人の製作スタイルにあうかどうかでしょうね。並べてみた以上は、他の本も、ちゃんと読んでとは思うのですが、お金はすべて材木と工具につぎ込まれていて、本まで回す余裕がありません(-_-;)。

 個人的に、アコースティックギター製作をするなら、必ず読んでおくべきではと思う本は、【THE RESPONSIVE GUITAR by Ervin Somogyi】です。某雑誌に連載されたソモジ氏の理論はとても分かりやすく、ためになるコラムでした。

 しかし、連載されていた理論が分かりやすいからといって、英語で書いてあることがわかるかどうかは別問題ですし、「THE RESPONSIVE GUITAR」と「MAKING THE RESPONSIVE GUITAR」の2冊で、$265 plus shippingですから、とても気軽に買えるお値段ではありませんが(^_^;)

 仕方ないので、ソモジのホームページと、アコースティックギターブック 29に掲載されてるERVIN SOMOGYIの工房訪問の記事とDVDで我慢しとくしかないかなあ・・・。

 
アコースティックギターブック 29
[画像引用のためamazonにリンクしています]

 いつかは行きたいソモジの講義
EDIT  |  09:00  |  最近の出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |