2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2009.10.14 (Wed)

まちおこし、むらおこし(1)

 昔、聴いた講演の中で、いい話だなと思った講演を思い出して。記憶だけで書いているので、間違っている内容があるかもしれませんが、そこはご容赦を。

 確か、武蔵野工大の先生の講演だったと思います。産業振興の講演です。

1.岩手県花巻市の話
 ものになりそうな、アイディアを持っている研究者を誘致する。研究者というのは、その道では素晴らしい人でも、経営とか営業とかは苦手な人が多い。そういう研究者に開発の場所を提供するのは勿論、経理や販売などは市役所の職員が全面的にバックアップ(っていうか代行)する。研究者は商品開発に集中できるし、市は産業の活性化をはかることができる。

 最近、田舎暮らし(既に田舎に住んでいるが、更に田舎を目指している)指向が強くなって、あちこちの町村の情報とか見てるんですけど、「うちはこんな優遇施策(住宅建築の補助とか)してますから、来て下さい」って感じで、待ちの営業ばっかりなんですよね。

 田舎で農業して暮らしませんか?とは書いてあっても、その瞬間の補助金しかサポートは無くて、あとは自己責任で、生活できなくても知らないよって感じで。そりゃ、年金収入があって、お小遣い程度稼げればという人ならともかく、それで村の産業を背負って立つ人材を得たいなんて、難しいでしょ。

 自分の趣味の範囲でしか言えないので、ギターの話になっちゃうんですけど、ギター製作家を村の目玉にしたいとすれば、廃校になった学校を貸しますので来て下さいでは、目玉にする程の数も人材も集まりません。そこで花巻方式です。来たい人を集めるのではなく、来て欲しい人を集めないと意味がないと思うのです。

 この人なら売り込む価値があると思う製作家を、場所も用意しますし、売り込みもうちでしますから、来て下さいと誘致しに行くことが必要だと思うんです。そうやって集めた製作家が、例えば20人集まっている村があったら、ちょっとのぞいてみたいと思いませんか?

 相変わらず妄想を語るのは、大好きなので、もう少し続けます。
EDIT  |  09:00  |  空想・妄想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |