2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2009.11.29 (Sun)

パーラーギター1本目 ライニング仕上げ

 2本目~4本目の接着の写真は、1本目と同じなので省略。

20091129-01.jpg

 貼りおえたら、小刀で整形します。昭和40年代ぐらいの日本製の合板のフォークギターとかクラッシックギターは、この面取りしてないものも結構あります。どんなにいい音がしても、このあたりがいい加減だと、楽器じゃなくておもちゃに見えますね。当然、はみ出た接着剤も取り除いてないし。

 自分で作るようになって思うんですけど、商品として売ってるのにサウンドホールからのぞいたら、接着剤が見えるギターなんて○○ですよね。結構著名なメーカーでも接着剤見えるギターあるので、○○は伏字で(さすがに面取りしてないのはないですね)。

 20091129-02.jpg

 整形できれば、サンドペーパーで面を整えます。ここは箱にしてしまうと、直しようがないですし、後でよく見えて、痛恨ってことになるので特に丁寧にです。

20091129-03.jpg

 単に面を取っただけですが、これだけで高級感UPです。縦に溝がはいってるライニングが一般的に主流ですけど、溝の入ってない方が、加工は大変なんです、実際は。。

EDIT  |  18:33  |  No.006 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■すばらしいです

初めまして、instと申します。
初めてお邪魔させていただきましたが、ギター製作素晴らしいです。
当方は弾くだけですが、アコギ大好きです。

matsuさんがお作りになったギター、どんな音がするんでしょう。

あくまでご趣味でお作りになっているのですか?

それではまたお邪魔させていただきます。
inst |  2009.12.02(水) 04:58 |  URL |  【コメント編集】

■こんにちは

instさん、初めまして。

余り内容があるとも思えないようなことを、だらだら書いていると自認しておりますのに、
そこまでのおほめの言葉をいただくと、赤面してしまいます(*^_^*)

そちらのblog見せていただきました。実はローデン好き(予算が無くて実際に買ったのは
ピンレスのVGですが・・・)な私ととしては、結構"つぼ"でした。

では、お返事などを。。

音の個人的な理想は、金属的な低音と倍音豊かな高音、いわゆるピアノトーン、違う表現
をするとスペイン系のクラシックギターの音が理想なのですが実際は、低音が甘い音にな
ってしまい、道のりは遠いなあと感じています。

製作は、基本的には趣味です。未だにギターを人様に売ったりしたことはないです。
プロフィールに書いてあるオファーについても、店頭に並べられるレベルと自分で納得でき
るギターがまだできていないので、話を聞き流している状態です。

以前、注文を受けたこともあるのですが、製作に取りかかるのが余りにも遅いので、相手さ
んがじれてキャンセルになったことがあり、性格的に向かないのかもしれません。

もし機会があれば、いろいろなプレーヤーの方に弾いていただいて、厳しいご意見をいただ
ければと思っているのですが、blogにも書いた通り、アコフェスも休止ですし、なかなか機会
もなさそうで、友人の甘々な評価でお茶を濁している今日この頃です。
matsu |  2009.12.02(水) 17:01 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |