2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2009.12.04 (Fri)

ギター製作にあれば便利な電動工具[切断系]

 電動工具2回目は、切断系です。角材から切り出すことが無かったり(加工済み材やキット製作主流の方)、指板のフレット溝などを手ノコで切られる方は、特に無くても困りません。保管場所も結構とりますし、出る音も大きいし、怪我の危険性も有りますので、必須という訳でもないです(1本目のキットを作った時は一切これらの電動工具は使いませんでした)。


【テーブルソーもしくは昇降盤】 写真はマキタ 2703


 木材の切り出し、指板溝の切断、自作バインディングの切断など、便利に使えます。

 できれば精度も高く、重量があり安定性の高い昇降盤がお勧めですが、値段や移動の利便性を考えると、アマチュアではテーブルソーで妥協かなと思います。

 テーブルソーの場合、精度等を考えると、最終的にカンナ等で仕上げる前提で切断する方が無難です。




【バンドソー】 写真はREXON BS-10K2 ※ オフ・コーポレイションさんのページにリンクしています。

 昇降盤(あるいはテーブルソー)が、余り高さの無い材を直線的に切るのに適しているのに比べ、曲線的に切断したり、高さのある材を割る場合は、バンドソー(帯ノコ)が便利です。ただ昇降盤系とどちらの方が必要かと考えると、優先度は落ちます。

 高さのある材(裏板や表板をブックマッチに割る場合)は、時間と体力は必要ですが、テーブルソーで4面に溝を入れ、あとは手ノコできればいい話ですから。


【糸のこ盤】 写真はリョービ TFE-450

 曲線に切る場合、使う方もいます。安いものは使い物になりません(力が弱く、懐も浅い)。

 高いくて懐の深いものは、使い方によっては、バンドソーより役に立つ場合もあるようです。

 私は使わないので、優先度はかなり低いです。




【ジグソー】 写真はリョービ CJ-250

 以前は、モールドを作る時に大活躍したのですが、今はモールドの作り方を変えたし、バンドソーも購入したしで、使っていません。

 ハンディのため、懐の深い、浅いを気にしなくてよく、板材のラフなカットには向いていると思いますが、精度がバンドソー以上にアバウトなので、手ノコで切った方が正確です。
EDIT  |  11:01  |  材料・道具・書籍  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |