2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2009.12.26 (Sat)

鉄弦ギター 指板貼り

 今日は鉄弦ギターです。

20091226-1.jpg

 ロッドが接着できれば、サンディングであふれた接着剤をとって、指板の接着面を仕上げます(既にカンナでの平面出しは終了しています)。

20091226-2.jpg

 こちらが今回用意した指板。すでにフレットの溝切り、ポジションマークの加工が終了しているローズウッド指板です。接着剤は愛用のタイトボンドⅡをとうとう使い切ったので、新たに入手したタイトボンドⅢです。使用雑感は明日にでもupします。

20091226-3.jpg

 接着剤が塗れたら、クランプで締めます。たくさん使ってますねえ。接着でたくさんクランプを使うのは、実は下手くそな証拠です。上手に接着面ができていれば、クランプ3本(表板に1本、ジョイント部に1本、ヘッド側に1本)、多くても4本(ネックの真ん中あたりにもう1本)でしょう。

 プロでも作業風景を同業者に見られたくないという人がいるそうですが、表向きは企業秘密の保持、実際のところは、同業者が作業風景を見ると上手下手がわかるから・・・という話もあります。

 辛口はこの辺にして、ネックが整形済みですので、あて木の跡がつかないように、間に新聞紙を挟んできます。これだけのことで、跡がつかないのか!?面がちゃんと出ていれば、必要以上に強く締める必要がないので、この程度で十分です。

 ブリッジの固定だって本当はクランプなんかいらないんですよ。面がしっかりあっていたら、ビニール紐とあて木だけできっちり接着できます。そちらの方が表板にストレスがかからないので、いいくらいです。

 最近、口が悪くなってる気がするなあ・・・反省しましょ。。

 
EDIT  |  09:00  |  No.005 鉄弦ギター  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |