2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2010.02.09 (Tue)

virtualとrealの狭間(7)

 昨日の続きです。

 木材という個体差の激しい材質を使う以上、それぞれの段階で自分の音を持っておく必要があると思います。例えば、表板を作った段階で、自分のイメージしたタッピングの音が出なければ、力木を整形しなおす必要があるでしょうし、箱に組んだ段階でタッピングの音が気に入らなければ、表板の厚みをかえてやる必要が出てきます。

 その辺りの調整は勘になってくる(表板の段階で響きが少し違うなと思っても、その段階で力木を調整して直すのか、箱に組んでから表板の厚みを調整して直すのか、あるいは出来上がってからブリッジの質量で調整するのかは、経験と勘に頼るしかありません)と思います。

 更に板の状態まで戻すと、音だけでなく、強度や腰などで力木の配置を変えてやるといったことも必要でしょうし、表板の厚みも変えてやる必要があるかもしれません。

 極論を言うと、設計図に書かれた基準どおりの位置、厚みで仕上げることは誰にでも出来ます。そこから先の微調整で、本来その木材が持っている能力を最大限引き出せる状態に仕上げられたかどうかが、私のようなアマチュアの作ったギターと、プロの作ったギターの大きな差じゃないかなと、私は思っています。

 そう言えば、「合板のギターだから鳴らないのではなく、合板で鳴る作り方をしていないから、鳴らない」と言っている方がいました。ここらあたりから、暴論ぽくなってくるのですが、私は個人的に、基本さえはずさなければ、力木なんて好きに組んだらいいと思う派ですし、材料もどうしようもない材料で無い限り、安くたって鳴るギターはいくらでも作れると思っています。

 プロの高級材を使って私が作ったギターの音は、私が持っている安物の材料でプロ(いわゆる私の師匠)がちょいちょいと作ったギターの音に遥かに及びませんでした(実体験)。製作初期のころの話なので、その時よりは少しは腕が上がっているかもと自惚れたりもしてみるのですが、実際に出来上がった自分の楽器を弾いてみると、今でも足元にも及ばないなと感じます。

 確かに、よく乾燥されたいい材料は、刃物も綺麗に通って加工も楽ですし、変形も少なくて耐久性も高いと思います。ただ、音に関しては、優先順位は1番では無いように感じています。工作自体は何本か作ればかなりあがると思うのですが、音という壁を越えるには、この先、何十本試行錯誤をすればいいんでしょうね。。
EDIT  |  09:00  |  私の雑記帳  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |