2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.02.23 (Tue)

パーラーギター1本目 ヒールキャップ部の加工

 前回は指板を貼る前に加工したのですが、今回は指板接着後に加工しました。どっちでも大勢に影響はありません。

20100223-1.jpg

 ノコギリで裏板とフラットな位置までノコギリで切り落とし。いらない作業といえばその通りです。最初から、ヒールキャップを貼る位置までノミで落とせばいいと思います。ノコギリで切ると、裏板に刃跡がつくリスクもありますから。まあ好き好きでどうぞって感じでしょうか!?

20100223-2.jpg

 ヒールキャップの厚みをマーキングして、ノミでその分をノミで落とします。私はクラシックギター風に裏板とフラットに仕上げることが多いですが、アコースティックギターでは、少し段差がついている(ヒールキャップの方が低い)ものがほとんどのように思います。

 これは完全に好みの問題だと思います(音にも影響は殆ど無いと思います)。塗装を磨くときに段差が無い方が楽だと個人的には思いますが。

20100223-3.jpg

 こんな感じでできあがりました。
EDIT  |  09:00  |  No.006 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |