2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.03.09 (Tue)

鉄弦ギター 完成

 ようやく鉄弦ギターの完成です。弦はとりあえずTakamineのエキストラライト(3パック980円)を張っています(まあ、仮ですから)。ライトゲージで十分いけるだけの強度はあると思うのですが、念のためテンション緩めの弦にしておきました。

tg01.jpg

 音は、由緒正しき鉄弦ギター・・・ダイナミックギター、FGへと続くいわゆる馬鹿鳴り系の音です。弦鳴りと言われると、そうなのかもしれません。以前作ったドレッドノートのキットより音は大きいです。

 このギターを弾いた後で、前作のパーラーギターを弾くと、全く鳴らない!?って思うぐらい音量の差があります。しばらく弾いていると、前作のパーラーギターの方が高音の倍音が出ているので、夜に部屋でしっとりと弾くには、そっちの方が向いてるのかなと思いますけど。

 この辺りの違いは、ボディ容量もありますが、力木の違いが大きい気がします。前作のパーラーギターは太め(12mm幅)の力木を貼ってありますが、鉄弦ギターは細め(10mmを切るぐらいだったと思います)の力木を貼ってありますので。

 ちなみに、今製作しているパーラーギターも細めの力木を貼ってあり、音の傾向的には、鉄弦ギターに近いと思います。前作のパーラーの力木が私的には特殊(実験的に12mmを貼った)なので、鉄弦ギターの音が私らしい音なんでしょう、多分。

 音的には、かなり癖のある音がします。なんて言えばいいのかよくわからないですけど。それから、低音弦の9フレットあたりから上は音の伸びが無くなってきて「ポンポン」っていう感じの音になります。これは駄目ですね。

 実際問題として、低音弦のハイフレッの音が綺麗に伸びるギターって少ないんですよ。前もどっかに書きましたけど、低音弦のハイフレットが鳴るというのは、いいギターのための条件のひとつなので、購入する時はこの辺りをチェックされるといいと思いますよ。

 結構、高級なギターでも鳴らないのも有ります。開放弦やローフレット中心の弾き語りや、バンド形式でのリードギター(ハイフレットは3弦から上の高音弦中心に弾く場合)なら問題はないんでしょうけど、ギターソロにはちょっとしんどいですね。

 まだ音は変わると思いますけど、基本傾向は変わらないでしょう、多分。まあ、部品寄せ集めで作った割には、悪くない音かなというレベルです。道は遠いなあ・・・。。
EDIT  |  09:00  |  No.005 鉄弦ギター  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |