2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.03.07 (Sun)

鉄弦ギター製作 ナットの加工

 完成まであと少し。あとは、ナットとサドルを作って、弦を張るだけ。そうそう、フレット合わせもしてるんですけど、写真撮ってないので省略です。

 あと、ブリッジと指板もコンパウンドで磨いたんですけど、それも写真撮ってないようです。それと、ナットより先にサドルを作ったんですけど、その写真も無いなあ。。

・・・まあ、気にせずナットの製作に入りましょう(^_^;)。

20100307-1.jpg

 まず、牛骨をナットの溝の形に合わせて整形していきます。合わせてみては削り、また合わせてみてを繰り返します。写真はサンドペーパーで削ってますけど、平ヤスリとかも使っています。

20100307-2.jpg

 こんな感じに合わせました。長さとか形とかも整形しておきます。写真では既に弦を張ってますね。私の製作方法は現場合わせが非常に多いので、ナットも実際に弦を張って作っていきます。

20100307-3.jpg

 ナットの溝の位置を書き込み、とりあえず目立てヤスリで切り込みを入れます。ちなみに弦の幅は手持ちのVGから採寸しています。ナット幅42mmで6弦側から、3mm+7mm+7mm+7mm+7mm+7mm+4mm=42mmです。実際に弾いてみると、ストレスなく弾けますので、結構いいバランスなんじゃないでしょうか!?

20100307-4.jpg

 6~3弦は針ヤスリ(っていうんでしたっけ)で、1、2弦は目立てヤスリで溝を切っていきます。針ヤスリは柔らかくて使うのにコツがいりますが、慣れれば誰でも使えます。

 ナット溝切り用のヤスリも売っていますが、これで十分だと思います。そりゃ専用工具の方が楽で綺麗に仕上がりますけど、余りにも高い(-_-;)。。
EDIT  |  09:00  |  No.005 鉄弦ギター  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |