2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.04.06 (Tue)

ギターの良し悪しと物作り

 何回も書いていますが、格付けチェックの高い方の楽器あてが大好きです。なんでこんなに違うのに分からない!?ってところが。

 さて、実際に番組を見ていない人のために、著作権が微妙そうなので、リンクを張りませんでしたが、youtubeで、"格付けチェック" "ギター"と2つのキーワードで出てくる動画があります(2010/4/5時点ではありました。高いギターはフレタ)。

 聴き分けできました?

 好みの問題もあるので、一概にどうとは言えないが楽器の世界だったりもするんですけど、この2本は倍音の出方が全然違うので、悩むまでも無いですね。

 音を語りだすと切りがないので、あっさりこの辺で止めておきます。しかし、youtubeとかでギターの音色を研究しようと思うと、加工された音の多いこと多いこと。

 音の加工も技術です。

 それをとやかく言うつもりはないのですが、本当にいい生音っていうのが何なのか段々分からなくなってきているような気がします。

 ギターの作りもそんな感じ。宣伝を悪く言うつもりはないんですけど、結構嘘が溢れてる。明らかに「製作工程の簡易化じゃん」って思うところが、「音響に好影響がでるように改良しました」と書かれてたりします(詳細は非公開)。

 あなたにとっていいギターって一体どんなギターですか?

 非効率って言ってしまえばそれだけのことなんですけど、「流石にプロは違う」っていうこだわりみたいな部分が、すごく疎かにされてる気がします。

 詳しく書けないのが、とっても歯がゆいのですけど、少し理屈っぽい話をすると、ホワイトカラー全盛期になって、我々の生活の中から物作りって、すごく遠いところへ行って行ってしまった気がします。

 スコヤっていう直角をはかる道具があります。最近のって案外正確な直角は出てないものが売られてたりするんですよね。結局は目視で確認するのが一番正確だったりして。

 職人の技!?

 一つ楽器が弾けると、他の楽器を演奏してるのを聴いた時に、これはすごいって分かりますよね?物作りも一緒で、例えささやかな趣味程度でも、何か物作りに関わっていると他の分野でも少しは凄いか凄くないかが、何となくわかったりします。

 いつもどおり長いですね(^^ゞ・・・次回に続きます。
EDIT  |  09:00  |  私の雑記帳  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |