2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.05.24 (Mon)

イタリアの高級品

 日曜日に演奏会があったので、そちらに集中(普段練習していない報い・・・)でblog更新できませんでした。

 っで、イタリアの高級品のお話。

 その一品はカラーチェ。鉄弦系の方にはなじみ無いかもしれませんが、ボウルバック・マンドリンの最高峰と言っていい楽器だと思います。

 演奏会の折に、お知り合いのカラーチェをちょっとじっくり見せてもらいました。ちなみに新品定価100万円クラスのブツ(クラシコÅ!?)です。

 結構、仕上げ粗かったです。特に塗装が、下手くそな私と大差ない気が(^^;)。音は、その道10年以上の演奏家が買った銘器ですから、疑いの無いところですが。

 そういえば、スペイン製の高級ギターでも結構、塗装の粗いギターあるよなあ・・・。

 でもスペインとかは塗装専門の職人がいて、塗装だけ外注に出してる製作家多いはずだから、塗装職人が粗いのか!?

 カラーチェも結構おっきい工房だから、塗装専門の職人 or 外注のはずだけど・・・。

 それに比べて日本の楽器って仕上げ綺麗ですよねえ。綺麗なだけで鳴らない○○とかいうのも在りますけど(いつものように自主規制)。

 まあ、楽器なんだから仕上げより音なんでしょうけど、日本じゃあの粗さは許されないだろうなと。

 "仕上げは粗いけど、この楽器でしか出せない音がする"・・・外国の楽器ではよく聞く冠ですが、そのあたりが、国民性の違いなのかなあ。。

 結論?何にもないです。ただ感じたままを文章にしてみました。。
EDIT  |  09:00  |  私の雑記帳  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |