2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.07.02 (Fri)

久しぶりのネットで見つけた楽器

Twitter+まとめ機能・・・結構便利。

matsuの落書帳

【blog up済】って言う文字がたまにありますけど、私自身の覚えのためなので、お気になさらず。

っで、久し振りのネットで見つけた楽器。

1本目はElderly Instrumentsから。



RICHARD SCHNEIDER KASHA MODEL (1969)  $3,650.00


 説明によると、「made in his pre-Gibson days」ということで、ギブソン マークシリーズ以前のカシャ(どこにもカシャ・ブレーシングって書いてないけど)らしい。マークシリーズについては、aya-yuさんのGIBSON MARKSERIES FUNが詳しいのでそちらをご参考に(somogyiもすごく研究されてます)。

 "redwood top, Indian rosewood back and sides, mahogany neck, Kasha bridge, 672mm scale, 2-3/16" (55mm) nut width, nut appears replaced, rosewood headstock overlay, engraved gold tuners with fancy pearloid buttons, wood body bindings and purflings, L.R. Baggs active I-beam pickup installed, inside label signed by Richard"・・・とかどうでもいいですね。このギターの価値は材料とか仕様とかにある訳じゃないですから。

 でも672mmスケールでナット幅55mmはちょっとつらいかも・・・。


2本目は、Gryphon Stringed Instrumentsから。



1959 Martin 00-28G $4,000


 あんまりタマ数も多くないマーチンのG、それも少ない方(マホガニー サイド・バックの方がよく見かける。私も持ってたし)の00-28G、ハカランダ サイド・バックが2本。その高い方(状態のいい方)です。スロッテド・ヘッドにボリュートって言うのは、近年のモダンクラシックギターではまず見かけない仕様ですね。

 ここのお店、いいシステムだなと思うのは、音を試聴できること。そう言えば、youtubeで動画で見ることができるお店もありますよね。もっと普及してもいいと思うんですけど、まだ少数派なのかな。

 っで、マーチンのGなんですけど、これはマーチンのナイロン弦ギターです。そう思って買うことが大切です。$4,000-のクラシックギターと思って買うと不幸になります。テイラーのナイロン弦とかもそうですけど、クラシック用というより、ジャズ等に使う方が向いてる気がします、個人的に。。


では、最後は王道の1本をGryphon Stringed Instrumentsから。




2006 Bernabe Classical $7,200


 ベルナベのハカランダにしては安い($1=90円として、650,000円弱 送料別)と思うんですけど、安い原因はゴルベ板が貼ってあるから!?ハカランダの木目は、近年ものとしてはかなりいいと思います。音が聴けないのは残念ですが。

 ちなみにJ-GUITARでベルナベを探してみると、年代的に近いものなら、パウリーノ ベルナベ「インペリアル」2002年作が、\1,780,000-、杉ならパウリーノ ベルナベ1988年作 杉/ハカランダが\980,000-、ベルナベ本人の作で無くてもいいのでというならPaulino Bernabe Estudio 杉/ローズウッド単板が破格。ヨーロッパでもこの値段では買えないかと。材質とか仕上げとかは本人作よりかなり落ちる感はありますけど。。

P.S.
Paulino Bernabe Estudio この週末に売れちゃったんですね。11万円ちょいは、かなり安かったので、まあそうでしょうね。。(7/5追記)
EDIT  |  11:19  |  ネットでみつけた楽器  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |