2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2010.07.07 (Wed)

JOSE RAMIREZ その1

 JOSE RAMIREZ(文字化けするので、一部嘘のアルファベットをあてています)って知ってます?クラシックギターを弾く人なら、間違いなく知ってるでしょうけど、クラシックギターを弾かない人でも知ってる人が多いギター製作家じゃないでしょうか?

 RAMIREZの歴史を私が不正確に書く必要もないと思いますので新堀ギター音楽院さんのホームページを参照してください。

 比較的年齢の若い方なら、クラプトンの使用で有名。アンプラグドの動画は著作権の関係が・・・らしいので、こちらを。




ERIC CLAPTON - TEARS IN HEAVEN (subtitulado)


比較的年齢の高い方(団塊の世代前後!?)の方なら、セゴビアでしょう。




Andres Segovia - Asturias


 RAMIREZ 1aは団塊の世代あたりの方には、憧れの銘器らしいです。50代ぐらいの方がMARTIN D-45に持つ思いと似てるのかもしれません。僕は更に下の世代なので、どちらもよくわからないんですけど(私的にはアルカンヘルのいいのが欲しい・・・買えないし、多分管理しきれないけど)。

 RAMIREZ 1aはアマチュア演奏家でも使用してる人が案外いるのと、中古品を弾く機会が結構あって私もハカランダを2本、ローズを2本弾いたことがある(少ない・・・)のですけど、スケールが665mm、ナット幅も広めで、スケール650mm、ナット幅51mmぐらいのクラシックギターに慣れてる私にはあまり弾き易いギターではなかったです。

 音もクラシックギターの音っていうより、RAMIREZの音って言うほど個性が強いので、好き嫌いがはっきり分かれるギターだと思います。それで、私はRAMIREZ 1aじゃなく、松永仁一郎のSPを購入した訳ですが(値段もハカランダの松永が、ローズのラミレスの2/3程度だったし)。

 どうも脱線するな(-_-;)。ちょっと話が長くなりそう(内容無いくせに・・・)なので、明日に続けます。。
EDIT  |  11:25  |  最近の出来事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■今のラミレスはいまいちですが

やっぱり黄金期のラミレスはいいですよ。
matsuさんお好きなベルナベsignのラミレス。
特に松・ハカは凄くいいです。
ラミレスって米杉がほとんど、その中で松は意外に良いのがあります。
輝 |  2010.07.07(水) 19:06 |  URL |  【コメント編集】

■こんばんは

 PBはすごい人気らしいですね。私自身、見たことも
触ったこともないんですが。

 それと松も弾いたことがないです。一番おいしいと
こを知らないってやつですね。

 銘器といわれる世代の製作家は、亡くなってたり、
既にかなりの高齢になっていたりで、クラシックギタ
ーに関してはいい時代に乗り損ねた感が強いです。。
matsu |  2010.07.07(水) 20:10 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |