2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2005.12.28 (Wed)

LARRIVEE PARLOR KOA

 ラリビーのパーラー、オールコアモデルです。正式名称は、Palour-kk、バインディングの入っていない旧タイプです。

LARRIVEE


 ウクレレなどは、バインディングが無い方が良く鳴ると聞いたことがありますので、その延長上からバインディング無しなのかななどとも思ったりします。ボディにバインディングはないのに、指板横にはバインデングがある不思議な仕様です。ブレーシングは通常のXブレースですが、端に行くにしたがってどんどん薄くなり、最後は紙1枚ぐらいの厚みでライニングに消えていました。その辺りにパーラーを鳴らす秘訣があるのかもしれません。

 ラリビーのパーラーは限定生産みたいな感じで、様々な仕様のものがアメリカにはあるようですが、日本には中々はいってこないようです。通常ラインのコアはトップがスプルースでした。アメリカのショップで見つけて、即決で買いました。お店も値段も忘れましたが、日本で通常ラインのコアモデルの新品(当時定価125,000円)をウン割引で買うより高かったと思います。

 使っていたのは、約1年。これもtacomaパーラーにその座を奪われました(ーー;)。シリアルから、2001年10月に製造開始したギターとLarriveeからお返事をもらいました。音は、硬めで芯のある音、メイプルに近い音だったような気がします。

 もしかしたら、別の機会にUPするかもしれませんが、某国産のパーラーに比べるとずっと本格的なギターの音でした。お値段も本格的なので、当たり前かもしれませんが(^^ゞ。手放してからも、結局KOA熱は冷めず、マーチンの000か00あたりのKOAモデルを探しているのですが・・・とても高くて手が出ません。Dタイプの近年ものKOAモデルなら手が届くんですけど、やっぱり00あたりのサイズが私にはあうようです。

 思い切って自分で作るかぁ!?
EDIT  |  17:00  |  私の楽器  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |