2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.08.23 (Mon)

ありえない希望

 私は生涯アマチュアを基本にしているのですけど、それでも時々有り得ない妄想にふけったりしています。作業系がひと段落しているので、その有り得ない妄想について書いてみます。

 まず私の作ったギターが飛ぶように売れて、それを生業とするなんてことはあり得ないだろうなあと思うところから始まります。そう思いながらも、頭の中で電卓をたたき始めたり(^_^;)。

 材料代とか機械の維持費とかその他諸々の経費を考えると、1本売って手元に12万円ぐらい入らないとしんどいかな。そこにまだお店の取り分とか諸々がはいるから、1本20万円あたりが最低のペイライン?。

 年間に12本作ったとして、例えば40万円+αで売って、前述の経費を引くと、年間の純利が200万円ちょっと・・・。年間18本作るか1本60万円ぐらいにして、ようやく300万円ぐらい!?

 まあ、ざくっとしてますけど、ソモギとか1本200万円ぐらいする人は別にして、日本の著名製作家で1本60万円~80万円ぐらいが多いですから、年間20本ぐらい売って、ようやく平均収入ぐらいにたどり着くのかな!?

 まあ、アマチュアとプロとでは材料の仕入れルートも仕入れの量も異なるので、こんなざくっとした計算と実際は違うんでしょうけど、なかなか現実は厳しいですよね。

 そこで妄想の登場です。

「じゃあ、私自身が物価の低い国に住んで、日本へ輸出したらどうなの!?」

 例えば、年収200万円で生活できる国は結構ありますよね。元々高度な機械なんて使ってないし、極端に言えば、ノミとカンナとノコギリがあれば、何とかなっちゃうので、うまくいけばギター製作だけで食っていけるんじゃない!?とか。。

 じゃあ、30万円ぐらいで売れるレベルになったら、年間20本売ったとして、売上が600万円。純利益が200万円あったとして、例えばフィリピンだと、日本の物価の1/5程度らしいから、200万円あればかなりのハイソ。

 30万円は無理でも、25万円で20本売って、年間100万円の利益でも食えるんじゃない!?とか。

 そこまでは上手く妄想が進むんですけど、さあ私のギターはと思うと・・・25万円はとても無理かな。。

 そこで妄想は途切れて、「やっぱり生涯アマチュアで」ってなっちゃうんですけどね。。
EDIT  |  09:00  |  最近の出来事  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

*Comment

■ギター製作だけだと・・・

余程売れっ子製作家でないと厳しいと思います


横山さんも日本では売れっ子ですが、弟子も使わず、月4本のペースで作って生活が成り立っているとのお話

専業は厳しいですよ
輝 |  2010.08.23(月) 19:45 |  URL |  【コメント編集】

■こんばんは

展示会とかあるたびに、食えますか?ってきいたりするんですけど、
皆さん「無理」と言いはりますねえ。

Aさん(結構有名な人)の答え
「ギター製作と知り合いの会社のお手伝いが半々ぐらいですかねえ」
このあたりが理想ですかねえ!?

Bさん(ショップと契約している若手製作家)の答え
「製作だけでは食えないけど、修理の仕事が回ってくるので何とか
食えてます」
作ってるギター、すごくいいギターなんですけど、5年経った今で
も名前知れ渡ってないのは、個人名じゃなく、ショップの名前で出
してるから!?

横山さんあれだけ売れてて、製作台数もすごいという噂(作るのが
早い)でも厳しいとは・・・厳しいですねえ。。

年金もらえる年齢になったら考えようかな
・・・ってどれだけ先の話!?
matsu |  2010.08.23(月) 22:38 |  URL |  【コメント編集】

ジェイコブソンがホームページであけすけに語っていたのは
「ディーラーに頼んでも無意味」ということでした。
つまり「ショップと契約したって意味ない」ということです。
彼らは、音を聞き分けて値段を付ける能力はなく、
相場で値付けするだけだから。
それよりも演奏家とのつきあいをするべし、と説いてました。
コンテストに出るような新人のところに出向いて、
「使ってくれないか」と申し出てみたり、
その演奏家が求める楽器を双方向で模索してみたり。
よい演奏家の要求は、自分の腕も育てるし、
演奏家が名を売ることに成功すれば
「誰々が使っている」と確実に評価される。

アメリカ人らしいあけすけな発想だなぁ、
と感心しちゃいました。

自分は鉄弦の世界はよくわかりませんけど、
たとえばこんな人がいたりしますよね・・・
http://www.geocities.jp/three_code/hptop.html
Naoki |  2010.08.24(火) 03:55 |  URL |  【コメント編集】

■こんにちは

クラシックギターでは、最近はどうか知らないですけど、昔はギター
教室の先生の紹介でというのも多かったように思います。

それから学校への納品(安物だけど数が出る)とかもあったようです。
すべて聞いた話なので、どこまで正確か不明ですけど。

鉄弦で「誰々が使っている」で一番有名になったのは亀岡ギター!?
押尾コータローさんの影響力はすごいですね、実際。

私見ですが、ディーラーを通さずユーザーに直売するときの課題は、
クレームなどの対応を製作者自身ができるかどうかじゃないですかね。

実際、とんでもないクレームをつけてくるユーザーもいるので、1件
そんなのがあたって、毎日電話でもかかってきた日には、仕事どころ
じゃなくなりますから。

最悪、債務不存在確認の訴訟起こして、更に仮執行宣言とって・・・
(詳しくは弁護士さんのホームページとか参照してください)・・・
なんて考えたら、ディーラーさんが間にはいった方が製作に集中でき
るかもと思ったりもします。

保険にはいっておいて、トラぶったら保険会社の弁護士が介入ってい
う方法もありかな。音に関係ない話ですけど、直売する時は、その辺
りの経営感覚も製作者は持ってないと厳しい気もします。

そういう事例で、一度ユーザーと製作者の間にはいったことがあるの
で、特にそう思ったりします。
matsu |  2010.08.24(火) 07:25 |  URL |  【コメント編集】

matsuさんのおっしゃること、すごくわかるっス。
ギターをやっている人って、わりと偏屈な人多いし・・・(苦笑)

自分も中古で手放すときに、割がいいのでネットで直接発送
ということをやってみたことがあります。
買ってから数ヶ月の新品同様だったので
明確なクレームというわけではなかったけれど
にもかかわらず、いろいろ後から言ってこられて
やっぱりプロ(店)を通した方が安心だな、と悟りました。

逆に言えば、ギター屋の人たちって大変だなぁ、と思います。
実際、店の人と親しくなって「大変でしょ」と質問すると
普通はあり得ないような、いろんな苦労話が・・・

販売は店を通した方がいいのは間違いないと思います。
ただ、ディーラーとつきあえば制作家としてプロになれるかというと
そういう期待はしない方がいい、というジェイコブソン氏の教えと思います。

もちろん押尾さんくらいの人に使ってもらえたら別格ですけど
そんなにメジャーな人でなくても、とりあえずCDを作っている人と関われば
matsuさんのギターの「演奏サンブル」というのができるわけですよね。
これが僕は強く意味があると予想します。

かのスモールマンも、ジョン・ウィリアムスという
最高の演奏家と二人三脚したから
あれほどまでのギターが製作できるようになったわけで。

まあ、ありえない希望を語るなら、
話はでっかく、ってことで。(笑)
Naoki |  2010.08.24(火) 13:59 |  URL |  【コメント編集】

■そうですよね

 著名になるならないは別にして、私も最近はできるだけ演奏家の方に
試奏してもらうようにしています。

 ずーっと自分の作ったギターばかり弾いていると、「いい音ってどん
なんだったけ!?」ということさえ分からなくなってくるので・・・。

 それとギター買うときの試奏の例じゃありませんけど、自分で弾いて
るだけでは分からないこともたくさんあって、目の前で弾いてもらって
初めて気づくことも多いです。

 例えば、そば鳴りと遠鳴り。自分で弾いてると全く気付かなくて、
「この出来で満足」と思ってたのに、ステージで試奏してもらったら、
余りの音の小ささに愕然としたり。

 それと弾き方の癖なんかもありますよね。私はクラシックギターを弾
くことが多いので、低音は基本アポヤンドになってしまっているので、
強く弾いてビビらないという感じで調整するんですけど、鉄弦の人は低
音弦を軽く弾く人が多いように思うので、軽く弾いてもすっと音が出て
くるように作った方がいいみたいなこととか。

 技術的に、できるできないは別にして、演奏者とコラボすることのメ
リットってかなり大きいですよね。

 その辺りの演奏者からのアドバイスを受けなければ自己満足だけの楽
器に終わってしまいますし。

 私のギターの音がCDに・・・なんて大それたことはまず無いでしょ
うけど、独りよがりの楽器にならないようにだけは気をつけたいと日々
思っています。
matsu |  2010.08.24(火) 18:21 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |