2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.09.16 (Thu)

初心者でも失敗せずにキットギターを作る方法2

 いきなりリンクな訳ですが。

Kiyoyuki's Craft Room「アコースティックギターを作ろう」

 多分、Stewart-MacDonald「Dreadnought Guitar Kit」もこんな感じ(内枠で段ボール製だけど)で作っていくんじゃないかなあ(ちゃんと読んでないので推測ですけど)。ただ、側板の垂直とかの精度を出すのは逆に難しい気もします。

 次は動画で。



 ここまで工業製品化すると、どうなんだろって思うんですけど、機械代はともかく、技術的な敷居はかなり低いですね。私自身がここまでの機械を持っていないのであれなんですけど、もう少し手工っぽい部分を残しつつ、気軽にできる方法もありそうな気がしてきます。

 例えば、力木を側板にはめる溝。シリアルNo.008では側板を貫通させる方法を取っているのですけど、ネタ元はこちらです。

 T.Shiga Homepage 「キットギターを作ろう・・・サイドとトップの接着」

 貫通させる方法は、位置決めがしやすいとか、力木に長さをきっちりに切断したりとかといったことが不要になるというメリットがありますけど、反面、力木の端部分の厚みが制限されてしまう(バインディングで隠れる高さ・・・3mmぐらいが上限になります)ので、一長一短ある訳です(最初から3mm以下の設定なら問題ないんですけど)。

 でも上のレベルを目指さない場合、貫通するようにした方が楽ですし(強度の問題は残りますが)、力木の長さを合わせる時間(コンマ数ミリ単位で合わせていくの結構時間がかかる)も節約できます。

 次の1本を考えないなら、こっちの方法を取る方が失敗も少なく、失敗した場合のリカバーの時間も不要になりますので(短すぎたら、力木外してやり直すか下駄をはかせる方法を取ることになる)、カリキュラムも組み易いですね。

 力木を貼りつけたりするのも、クランプとか技術のいるジグを使うより、動画みたいな真空接着は無理でも、



 K.YAIRIさんが表板貼る時に使っているジグを使って(動画の3分30秒あたりにでてきます)、上から力をかけてやれば(上から力をかける特殊な道具が必要ですけど、幸運にも私は持っていたりします)一発で図面の位置に接着できちゃいます。

そう単純にはいかないだろうなと思ってはいるのですけど、試行錯誤したらなんとかなりそうな気がしてきました。

 つづく。
EDIT  |  09:00  |  空想・妄想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |