2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.09.23 (Thu)

なぜ物作りにこだわる!? 1

 また横道に逸れてみます(笑)

 なぜ私が手工楽器製作を布教しようとしているのか?

 まずは格付けチェックの動画(ヴァイオリン&ヴィオラ)から。



 0分50秒あたりに音源が出てきますが、音楽に興味ある人なら、YOUTUBEの音でも十分わかりますよね?前にも書きましたけど、ヴィオラの音が余りにも違い過ぎるので、Bの最初の音出た時点でどちらが高いか瞬間に判明。

 じゃあ、もうひとつはギター(フレタ)。

芸能人格付け 第26回 2/4

 これは動画で持ってこれなかったのでリンクで。

 これ多分、生で聴いたり、自分で弾いたらもっとはっきり分かると思うんですけど、倍音の出方とか、ハイフレットの鳴りとか違いますね。音数が減って単音だけが鳴ってる状態になると、差がはっきり出ますね。

 なんでこんな動画もってきたかっていうと、小学校から少なくても9年間、高校で音楽とったら12年間音楽の授業って受けてるじゃないですか?でも間違えはるんですよね、意外と。

 前にもコメントで書きましたけど、小学生の頃、社会の授業で「日本は天然資源の無い国だから、技術力が何より重要」って習いませんでした? 

 でも、音楽の授業で楽器の良し悪しなんて、教えてくれなかったし、楽器に良し悪しがあることすら教わって無い気がします。

 まあ、それを教えてしまうと、学校の備品で置いてある楽器(例えばクラシックギター)なんか弾けなくなってしまう訳ですが。

 結局、全てが万事そんな具合で、「物作りが日本を支えている」と言いながら、先端技術の話ばっかりで「良いものとは何か」という基本的なことを学校では一切教えてもらえなかった気がします。

 その結果、工具とかでも、基本的な機能さえ満たしていない道具が堂々と売られていて、それをこっちの方が安いからで売れちゃったりするんですよね。

 安いの買うのが悪いって言ってる訳じゃ無くて、単に同じもの(に見える)から安い方を買うんじゃなくて、なぜ安いのか(言い方を変えればどこが劣るのか)を知った上で、「この程度なら妥協できるか」で、安い方を選んでほしい訳なんです。

 無駄話はまだまだ続きます。
EDIT  |  09:00  |  私の雑記帳  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |