2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.11.17 (Wed)

シリアルNo.008 塗装2

 では下地塗装に。

20101117-1.jpg

 シーラー:シンナーは、1:1で。ガンは重量式。

20101117-2.jpg

 吹いてる間は写真を撮ることができないので、あっさり終了。

20101117-3.jpg

 日を改めて、シーラーが乾けば、ペーパーで必要最小限のところまで、剥がします。

20101117-4.jpg

 作業終了。ちょっと剥がし過ぎのところもありますが、この程度なら剥がし足りないよりずっとましと勝手に自己判断。もう少し剥がしてしまうと、ラッカーがのらなかったり、色ムラが出たりしますので、(どちらも経験あり)そこまで行くと吹き直しになります。

 どのくらいかは、経験則としか言いようがないので、私のように何回も失敗して学んでください(笑)
EDIT  |  09:00  |  No.008 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■塗装大変だよね[e:330]

私はズボラなので一切他人任せ

職人さんに任せてます

最近は目止めもウレタンでやってもらってます

シンディー・バートンが始めた手法ですが、ウレタン塗装には良いようです
輝 |  2010.11.17(水) 13:39 |  URL |  【コメント編集】

私は、音が良ければ、ウレタンでもラッカーでもシェラックでも、なんでもいいんじゃない派です。

ラッカー塗装してるのも、私的には、ラッカーしかできないっていう理由だけで、深い意味はないですし。。

フィラー使わないのも、実際のところは使い方わかんないんですよね。

アマチュアレベルでは、いろいろ試す機会もないし(^_^;)
matsu |  2010.11.18(木) 00:43 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |