2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2010.11.23 (Tue)

シリアルNo.010 構想2

 今回はこの型(パーラーギター)で初の12Fジョイントなので、力木から設計し直し。うまくいくかどうかわからないので、既製品とか流用してさくさくっと組んでしまおうかなと(シリアルNo.006のパターン)思っています・・・といっても流用できる既製品って、ブリッジぐらいなんですけどね。

 とりあえず、決めたのは、スケールは590mmあたりで。前にも書きましたけど、12Fジョイントにすると、ブリッジとサウンドホールの位置がうまくおさまらなくて、590mmで最終フレットを18Fにすると結構いい位置に収まるんです。

 まあ、590mmっていうのに理論的な根拠がある訳じゃなくて、630mmスケールの指板の1Fを切っちゃうと、だいたい590mmになるっていうイージーな理由。同じように1Fを切ると、650mmなら610mmに、645mmなら606mmあたりになるみたいです(実測)。そうすると640mmなら600mmあたりになるのかな?・・・640mmに切った指板を持って無いので、推測ですけど。

 サイドバックは、ずっとメイプルで作ってきたので、たまには材料を変えてローズウッドを使おうかと思っています。新品の材料を使う訳じゃなくて、ずっと前にクラシックギター作ろうとしてたことがあって、未完成のまま放ってあるので、それをばらしてサイドバックを流用しようかと思っています。

 ローズウッド仕様なので、今回の口輪とかヘッドプレートはホンジュラスローズあたりを使ってみようかなと思っています。

 それと、できるだけジグとか電動工具を導入する予定。無くてもできるんですけど、時間節約と、「初心者でも簡単にギターを作れる方法」の実験も兼ねて。

 でも、お金が続かなくて、工具の購入見送って、ノミとカンナでひたすら手作業している予感がしないでもないですけど・・・。
EDIT  |  09:00  |  No.010 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

■590mmですか・・・

短いすね

個人的にはパーラーでも630mmぐらいは欲しいですね
輝 |  2010.11.23(火) 18:26 |  URL |  【コメント編集】

■確かに

590mmだと、ドロップDとかオープンDとかで、チューニングを下げて弾くの
はかなりしんどいように思います。

実際音のほうはどうなるでしょうねえ・・・このスケールで作ったことが無い
ので、まったく不明です。

実用性より雰囲気優先というのが実際のところかもです。
matsu |  2010.11.23(火) 21:12 |  URL |  【コメント編集】

■590mmだとどうしても・・・

太い弦を張らざるを得ないでしょ

すると押さえた時の感じがどうしてもゴロゴロしますよね

私はそれがあまり好きじゃないんですよ

私の個人的な好みをちょっと書いてみました

私がSelmerが好きなのは670mmにも要因の一端があるかもです
輝 |  2010.11.24(水) 08:59 |  URL |  【コメント編集】

■個人的には

私自身の手のサイズ的に、昔使っていた665mmスケールのギターでは6弦のG(3F)を押さえながら、1弦のB(7F)を押さえることが上手くできませんので、上限は650mmあたりかなという感じです。

逆に短い方は、ドロップDで低音の響きと、10Fあたりまでハイコード(Dのコードを使って指がきっちりフレット内に収まるかどうか)を使うことを考えると、630mmあたりが下限っぽいです。慣れもあるんでしょうけど、弾き易さと音を考えると、その辺りの一般的な弦長におさまってしまいますね、実際は。

今回は、とある方のリクエストに応えて実験的に(スロッテドヘッドでというリクエストも付いています)ということで作りますのでこのようなスケールですけど、590mmでレギュラーチューニングのギターを作るよりも、思い切って550mmあたりまで落として、レキントギターのチューニングにした方が面白い楽器になりそうな気はします。

私的には、そろそろ現在使っているモールドでやれる範囲はやり尽くした気がしていますので、このモデルは今回限り(注文とかあれば作りますけど、自主的に作るのはという意味で)にして、次回作(来年度になりそう)からは0サイズあたりの少し大きめのものに変えようかなとも思っていたりします。

いい加減ドレッドノート作れよという気がしないでもないですけど(ちゃんとしたモールドも持っているので、Dの方が絶対いいものができるんですけど)、胴が小さいという制約された条件の中で、ドレッドノートに負けない音を出すっていうドンキホーテ的な挑戦に魅力を感じちゃうんですよね(苦笑)。
matsu |  2010.11.24(水) 10:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |