2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2010.11.27 (Sat)

シリアルNo.010 表板の加工3

 では、シリアルNo.010の製作を再開。口輪は前回同様に木で作ろうと思うのですが、柔らかかったスポルテッドメイプルから、一転むっちゃ硬いホンジュラスローズを使います。

20101127-1.jpg

 10mmぐらいの厚みのあった材を2mmまで薄くして、バンドソーでラフにカットしました。左上がヘッドプレート用、右上がエンドの飾り、下が口輪用です。

 ホンジュラスローズは木目がハカランダ風、この材について言うと、ハカランダより赤みが強く、何より残念ながら匂いが違います。まあ値段もかなり違いますから(ホンジュラスローズ自体、安くはないけど)。

20101127-2.jpg

 厚みが出たら、ボール盤にサークルカッターをつけて、くり抜き。安もののボール盤、またチャックが脱落して、一人大騒ぎ。何とか切れましたけど、本格的に買換えが必要だな・・・工房建ったら考えよっと。

 センター部は、捨てるのももったいないので、ヒールキャップでも取りましょうか。結構いい木目出てるけど、このサイズでは他に用途が無い(-_-;)ロッドカバーでも遊びで作ってストックしとくかな。。
EDIT  |  09:00  |  No.010 PARLOR GUITAR  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■ホンジュラスローズって・・・

匂いあまり良くないですよね

私はあまり好きじゃない匂いだな


ハカランダなんかちゃんとローズの香りするんだから
輝 |  2010.11.27(土) 14:24 |  URL |  【コメント編集】

■やっぱり

削った時の匂いはハカランダがNo.1ですよね。

ハカランダの真偽を調べるには、目で見るより少し削ってやれば、
匂いで100%近い確率で見分けられるかと。
matsu |  2010.11.27(土) 20:20 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |