2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.11.30 (Tue)

些細なこと

 ふと思い出したこと。

 私、フォークギター上がりなので、昔、小指をピックガードの上に置いて弾く癖がありました。

 クラシックギターではあり得ないような奏法ですが、フォークギターの場合、ピッキング・スリーフィンガーで弾く時なんかは(ピックだけでスリーフィンガーを弾く方法・・・「22歳の別れ」とかで使います)、小指で手の位置を安定させた方が弾き易いのは経験者の方ならご理解いただけると思います。

 で、時は流れて、ギターを作り始めてからのこと。師の作ったギターを試奏させてもらった時も同じように、表板に小指をつけて弾いていました。

「そんなことをしたら、表板の響きが止まってしまう」

 表板の響きが命なのに、そんな弾き方では、せっかく表板が振動するように作っているのに、それを殺してしまうとのこと。

 今まで、弾くことに重点を置いていて、出てくる音とか、ギターという楽器の構造について、知識が殆どなかったからだと思いますけど、今思うと、なるほどと思う指摘でした。

 それからどれくらい練習して、その癖を直したのかは忘れましたけど、すごく遠回りしたんでしょうね、きっと。右手の形も、爪が弦に対して斜めにあたる形だったのを、垂直にあたるように手首を前に出す形に(クラシックギターの弾き方の基本ですよね)直すのもかなり時間がかかりました。

 マンドセロ弾き始めた時も、ピックが弦と平行にあたるようになるまで、かなり練習した記憶があります(それまでは、弦に対してピックが斜めにあたっていた)。ボウルバックマンドリンの系統の楽器で、ピックを斜めに当てると、弦を擦るような汚い音が出て、アンサンブルでは使い物にならないんですよ、実際。

「楽器演奏で大切なのは、速く弾くことではなく、リズムを狂わせずに、綺麗な音を出す音」

 未だにできていない訳ですけど、そんな矯正を経てきてるからなのか、少し強く弾いただけで、弦がフレットに当たる「ビーン」ていう音が出るギターとかは「これは楽器としてダメだな」って思ってしまうんですけど、それって間違ってるのかなあ!?

 まあ、自分で作った楽器もそんな音がでちゃって「まだまだだな」とか思ったりすんですけど、少なくてもアポヤンドで強く弾いても、フレットに弦が当たる濁ったおとの出ないギターでないとと個人的には思います。

 書き出しと終りがまったくつながって無い話(いわゆる落書きレベル)の話なんですけど、クラシックの曲を演奏する時に、「作曲者の意図を考えて弾く」ことと同じようにギターを弾く時も「製作者の意図を読み取って弾く」ぐらいの弾き方をしないと、せっかくのいいギターも価値が半減するように思います。

 これで、最初の話とつながったかな!?
EDIT  |  09:00  |  私の雑記帳  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■次は・・・

弦を少し指で押して弾く奏法の練習ですね

近年(特にクラシック)バルエコ以来、アルアイレのみで演奏する奏者が増えてます

でアルアイレではどうしても音量が出ないので、指で弦を少し押して弾く奏法がトッププロの間では主流になりつつあります

これはギターの表板を振動させるには極めて有効な奏法だと思います

バルエコやラッセルの演奏を観てると非常によく分かります

またバルエコやラッセルはセミナー等でその奏法を実際に見せながら違いを説明してくれます

実際見ると結構音量が変わるので驚きます
※楽器が良いのも一因なんですが
輝 |  2010.12.01(水) 07:48 |  URL |  【コメント編集】

■それは

すごく技術のいりそうな弾き方ですね(^_^;)

最近は、セカンドパートを弾くことが増えて、サードやフォ
ースを担当していたときはアポヤンドで殆ど済んでいたのが
アルアイレも使わないといけなくなったので、苦戦していま
す。

輝さんのご指摘通り、アルアイレでは音が弱いです。でも音
が弱いからと言ってベースパートの人に音量を下げてもらう
のも何だかだし(自分がベースパートの時はよくしましたけ
ど)。

鉄弦のギターって本当に便利にできていると思うんです。
多少下手くそでもそれなりの音量が出ますから(笑)

でもソロギターを弾こうと思うと、やっぱりクラシックの基
本ができていないから、音が汚いとか出音のバランスが悪い
とか(特にベース音が弱い傾向有り)難点が多数で。。

しっかり練習しなければ・・・。
matsu |  2010.12.01(水) 09:46 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |