2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.12.09 (Thu)

シチュエーション2

 ではシチュエーションの2回目。今回は心情の方で。

わかってるそんな事は たぶんちいさな出来事
それより君にはむしろ明日の僕達の 献立の事が気がかり

「前夜(桃花鳥)」さだまさし


 前にも動画引用した曲です。さだまさしさんが多い?そういう世代なんです。かぐや姫世代と長渕剛世代の間ぐらいなんです。

 長渕剛のオールナイトニッポンといえば「長いのぼり坂」・・・ちょっと古いですね(苦笑)。

 中島みゆきのオールナイトニッポンといえば「狼になりたい」。もう少し若い世代は「ファイト!」になるのかな?・・・「家族の肖像」とかありましたよね。最後のハガキと曲を聴くために3時まで起きてたけど、なんで録音せずに生で聴いていたのかは、今も不明。。

 話がそれすぎました。では、私が同じシチュエーションかなと思う曲。

青の濃すぎるTVの中では まことしやかに暑い国の戦争が語られる
僕は見知らぬ海の向こうの話よりも この切れないステーキに腹を立てる

「僕たちの将来」中島みゆき


「しらけ世代」っていうのも死語ですよね。青春ドラマの熱血がダサいって言われた時代。その頃放送された「青が散る」とか思いっきり熱血ですけど、テレビの視聴率どうだったんでしょう!?本で読んだだけで、テレビ見て無いので詳しくは知らないんですけど。

ちなみに「前夜(桃花鳥)」がはいっているCD「夢の轍」の発売が1982年、「青が散る」のTV放映が1983年、「僕たちの将来」がはいっているCD「はじめまして」の発売が1984年・・・80年代が再評価されてますけど、これらはでてきませんね。

ちなみにマイケル・ジャクソンのスリラーは1982年の発売で、ミーハーなのでしっかりLP買いました(^_^;)

で、曲は何にしようかな・・・。



「空缶と白鷺」さだまさし

ああいつだって 彼らを追いつめているのは僕だった
そうそのくせに 手を差しのべるふりするのも僕だった

「前夜」の続編的な歌ですね(LPの説明にも朱鷺は今4羽になりましたと書いてあったはず、確か)
EDIT  |  09:00  |  私と音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |